バルカポケットという自己満足

スポンサーリンク




ナポリならではのこだわりの表れ

ジャケットの胸ポケットは、四角い布地が切り替えられています。四角い形状から「箱ポケット」などと呼ぶことがありますが、この四角い布地が、ちょっと斜めに切れ上がっていて、若干曲線を描いていることがあります。舟型をしているこの部分を「バルカポケット」と呼びます。

バルカポケットは、厚い胸板に沿うように曲線を描いています。これは南イタリアの高級仕立て服によく見られる仕様で、「俺は、こんな美しい曲線を描けるんだぜ」という仕立て職人の腕の見せ所。だからといって、何か特殊な機能があるわけではありません。鍛えあげられた立派な胸板には、長方形の箱ポケットより、曲線で立体的なバルカポケットのほうが吸い付くように馴染むなんていい方もされましたが、ほんとにそうでしょうか。
かつてはスーツを語るうえで「バルカポケット」をことさら強調する風潮がありましたが、ロンドンはサヴィル・ロウの高級仕立て服にバルカ仕様は見られませんし、イタリアでもミラノのスーツにバルカは稀です。

フラットな四角い箱ポケットより、きちんと細部まで考えていますよ、というアピール。バルカポケットは職人が自分の腕を披露する箇所であると同時に、着る人の所有欲を満たすもの。自己満足と自己満足のぶつかり合いです。でもね、紳士服とは、こういう気遣いこそが男心をくすぐるものなのだと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です