素材」カテゴリーアーカイブ

ウォームビズ対策していますか?

重ね着上手はウォームビズ上手 セーターはVよりクルーネックでお洒落度UP   今夏は流行語大賞にもノミネートされた「災害級の暑さ」にやむを得ず、冷房の設定温度を低くしたという話を聞いた。しかし、今冬は厳冬でも暖房温度が上がるかどうかは確約できないため、今から「ウォームビズ対策」を考えておきたい。   スーツは紡毛系の素材。フランネルやサキソニーなど、起毛感ある素材のものは大前提だが、重ね着で空気の層を作るのが「寒さ対策」にはもっとも有効だ。ワイシャツの下にユニクロのヒートテックを着るのは基本として、ワイシャツとジャケットの間にセーターを重ねたり、共地のベストでスリーピーススーツを着るのもいい。こんな時はカーディガンやVネックのセーターではなく、あえて「丸首のクルーネックセーター」を着るのが「今風」だ。ネックの襟元はタイトすぎず、すこし緩めのものを選び、ネクタイの結び目を引っ張り出して着るのが、お洒落な人たち間で密かに流行している。   共地ではなく、異なる色柄のベストを着るのも洒落ている。もちろんニットベストではなく、「ジレ」と呼ばれる、スーツとセットになっていない単品のオッドベストだ。オフィスでジャケットを脱いだとき、タイトに着たベスト姿は、英国紳士のようでスマートでもある。   屋外でのウォームビズは靴下選びも重要。足首上程度の短い靴下ではなく、膝下までのハイソックスを選ぶだけでも暖かさは随分違う。そもそも欧米では、スーツにはロングホーズと呼ばれるハイソックスが基本。「スネ毛がのぞくのはスーツ最大のタブー」と言われるからだ。最近ではメンズのタイツなど防寒対策用のアンダーウェアもあるので、検討するのもいいだろう。   寒さを防ぐポイントは「首」「手首」「足首」の「3首」と言われるだけに、マフラーや手袋の類も有効だ。カシミヤのマフラーとニットライニング(裏地)の革手袋があれば、早朝のバス停や駅のホームでも温かく過ごせる。   ... 続きを読む


ほっこりネクタイで温かそうに見せる

ウールタイやカシミヤタイなら胸元からほっこり  ノーネクタイを推進するオフィスがあったり、廃止を名言する企業があったり、ネクタイ不遇の時代だが、ちょっと待ってほしい。冬場のネクタイは首元の保温機能に有効なアイテムだ。「ラクだから」とシャツの襟元ボタンを開けるより、シャツ内の温かい空気を逃さないほうが遥かに温かく、マフラーも不要だし、それよりなによりきりりとタイドアップしたほうが背筋が伸びて、仕事に向かう気分も揚がる。だらしなく開いたノータイの襟元で商談にやってきた営業マンや、窓口の接客業より、遥かに仕事を依頼するのも受けるのにも、ネクタイをしている人の信頼性は高い。  さらに言えば、ノーネクタイの人が多くなってきた今だからこそ、あえてタイドアップするほうが、明らかに見栄えがする。社内外での覚えも良くなり、好印象となれば仕事に有利なことは言うまでも無い。「あの人、いつでもキリッとしているよね」と噂になれば、上司の覚えもよく、クライアントからの担当指名率も上がるだろう。出世の糸口を掴むためにも、いまこそネクタイでチャンスを呼び込むのが得策だ。  せっかくなので、春夏とは違う、この季節ならではのネクタイをオススメしておきたい。一般的なネクタイはシルクだが、ウールやカシミヤのネクタイを選べば、胸元をほっこり温かそうに見せることができる。ツルツルでテカテカのシルクのネクタイは権威や威厳のイメージだが、ウールやカシミヤのネクタイは表面が起毛していてカジュアルで柔和な印象もあり、初対面でも強面感のない、物腰やわらかく好印象に見せてくれる。しかも多くの場合、ウールタイは柄モノでもスーツ地に通じるシックなものが多く、カシミヤタイに至っては柄モノよりも単色のネイビーやグレーといったビジネスカラーなので、誰にでも簡単に似合うものが多いのだ。色柄の組み合わせに悩むシルクのネクタイより、遥かにコーディネートしやすいはずだ。  ネクタイとは、相手に好印象をもってもらうため締めるもの。自分がラクになりたいからと外す人は、相手の立場に立つ仕事ができるのか果たして不安である。 ... 続きを読む


本当のカシミヤを知っていますか?

本物のピュアカシミヤセーターは、日本の冬には暑すぎる  ウォームビズ真っ只中、ワイシャツとジャケットの間にはセーターを着ているという人は多いだろう。そのセーターもカシミヤなら温かさは段違いだ。ワイシャツの中に機能性インナーを着込み、さらにジャケットの上から中綿入りのコートを着込んでいるのなら、電車内ではむしろ汗ばむ程に違いない。しかし、果たしてそのセーターは本物のカシミヤだろうか。  近年、安価なカシミヤが出回り、ショップなどでも数千円ほどでカシミヤセーターが買えるようになった。カシミヤの採取量は約1万トンと言われるが、そこから精製するとその嵩は約3分の2になるという。市場に流通するカシミヤセーターの総量は5万トンとも7万トンとも言われる。「カシミヤ混」でも5倍から7倍とは水増しも甚だしい。多くの場合。相当な混ぜもので水増ししているか、あるいはまったくの偽物であることは想像に難くない。  一流ブランドの最高級ピュアカシミヤセーターは、10万円以上するものも少なくない。それは近所のスーパーマーケットの衣料品売り場で売っているカシミヤセーターとは、手触りも着心地もまったくの別物だ。  高級絨毛として知られるカシミヤは、羊ではなく山羊である。中国の新疆ウイグル地区から内モンゴル、イランの高地に生息し、とくに寒冷地で採取された原毛は最高級品だ。普通のウール(羊毛)の太さが20μ前後であるのに対し、カシミヤは15μほどと細く、手触りは「とろける」という表現が適当なほどウールとは別物だ。独特の「ぬめり感」と指先に絡みつくような極細の繊維ならではの特徴があり、これを糸に紡いで編んだセーターは目が詰まっていて保温性に長け、風を通さないのでじつに温かい。しかし街中のカシミヤセーターは、あの絡みつくようなぬめりが感じられないものが多いのである。  本物のカシミヤセーターを着たら、インナーなど不要だ。むしろコートさえ脱ぎたくなるほどに温かい、いやむしろ暑いのだから。真実を知るためには「ロロピアーナ」「クルチアーニ」「セッテフィーリ」「ブルネロクチネリ」といったカシミヤの専門ブランドを体感するしかない。   ... 続きを読む


サラリーマンよヒートテックを脱げ!

内勤のサラリーマンには、冬用下着より夏用下着が快適  先日、ラグビー日本代表のユニフォームについて話を聞く機会があった。激しい動きに対応するため、ポジションによって3種類のウェアがあると知って驚いたが、大切なのは体の動きに追随する伸縮性と、激しいタックルにも破れない耐久性、そして汗だくになることで濡れたり冷えたりといった不快感を解消する吸水性と速乾性だという。「寒い季節のスポーツに保温性は?」と聞くと必要ないとのこと。そう言えば、極寒の箱根駅伝のユニフォームも、吸水・速乾優先で発熱素材は使われていない。  ワイシャツのなかにヒートテックを着込んでスーツを着て、コートを羽織って電車通勤なんてしたら、2駅も行く間に汗だくになるだろう。地下鉄の駅を降り、会社に直結する地下道を行けば外の寒気にあたるのは家から駅までの行き帰り10分程度だ。にも関わらず「冬=ヒートテック」と刷り込まれている人は少なくない。今年はスキー場がオープンできないほど雪不足な暖冬なのに、延髄反応で朝起きてヒートテックを着るのは考えものだ。  終日屋外での軽作業だったり、よほどの寒冷地では優秀な保温性と発熱性をもつ機能性下着だが、デスクワーク中心のサラリーマンには、ワイシャツの中はゴワつくし、汗をかいたら汗冷えするし、なにより暑くてかなわない。冬山登山に「汗冷えするヒートテックは厳禁」と言われるが、はっきり言おう、都会のサラリーマンにもヒートテックは不要である。  むしろ冬のサラリーマンには夏用の吸汗速乾下着、あるいは素肌にぴったり着られるコンプレッションウェアをおすすめする。汗や湿気を乾かす下着は空気の層を作るので十分温かいし、ゴワつかないので快適だ。ジョギング用の機能性ウェアなら長袖もあるし、会社帰りにジムにも立ち寄れて健康増進。ヒートテックを脱いだほうがいい事ずくめではないか。    ... 続きを読む


スーツの「生地感」を大切に

冬には見た目にも温かそうな起毛生地を着る  スーツは生地感をもっとも問われる。なぜなら通年、形式が変わらないから。上下共地、折り返ったラペル、シャツを着てネクタイを締め、革靴を履く着方が季節で変化することはない。そこで春夏は生地の表面が滑らかな生地、秋冬は厚手で起毛感ある生地といったように着分けることで服装への造詣を表すのだ。ゆえにこの時季はつるりと光沢ある「シルク」や「モヘア」を混紡した生地よりも、表面がうっすら起毛している生地を着ることで、服装に理解あることをさりげなく雄弁に語るのだ。ドレスコードにうるさい欧米人は、春夏と秋冬で厳密にスーツを着分ける。冬場に滑らかな「ウールサージ」を着ることは最大の野暮とされる。 「グレーフランネル」で知られる「フランネル」は、少々地味な起毛生地だ。かつてイギリスでは硬くて重たい庶民の生地とされていたが、後に開発が進み、ライトグレーの軽くふんわりとしたものが登場したことで、上品なドレス・スーツとしても着られるようになった。「サキソニー」は「フランネル」より薄手の起毛生地で、一般的な秋冬生地に多く使われる。ドイツ生まれのこの生地は毛足は短く軽量なので、春夏のウールサージと違和感が少ない。「杉綾(ヘリンボーン)」と呼ばれる織り模様や、よく見ると「カラーネップ」と呼ばれる他色が混じる「ホームスパン」などが有名な「ツイード」は、カジュアル用ジャケットに相応しい。チクチクとした硬い繊維を織り込んでいて見た目にも少々いなたいが、カシミヤのネクタイと合わせれば、見た目にも温かそうでウォームビズで着ることもできよう。最近では織り畝のある「コーデュロイ」もトレンドに上がっていて、店頭ではバリエーションも多彩である。ただし本来のコーデュロイは夏生地だ。かつてフランスの宮廷庭師の夏用作業着に使われた素材である。  近年ドレスとカジュアルの境界線も曖昧なうえドレスコードも寛容になり、スーツ生地の基本的な使い分けも有耶無耶だ。だからこそ四季ある国に生まれたことに感謝して、服装にも季節感を映すべきではなかろうか。   ... 続きを読む