新しいドレスコード」カテゴリーアーカイブ

クールビズ対策 ワイシャツの下の最強インナーとは

日本の夏は「シャツの下にインナー」が常識です

メンズファッション誌では「シャツは下着だから素肌に着るべし」と、ずーっと書いてきました。しかしながら夏場に普通のプロード生地のワイシャツは、汗を吸うとピッタリ素肌に張り付いて、着ているだけでキモチ悪いものです。しかも濡れて透けてたりなんかした日には、見せられる側もキモチ悪いったらありゃしません。

そもそも「シャツは素肌に」が許されるのは、乾燥した気候のヨーロッパならでは。多少汗をかいても湿度が低いので、すぐに乾きますし木陰や屋内はひんやりしていて、冷房いらずだったりしますので当然素肌に上質な生地のシャツ一枚が心地いいわけです。

湿度の高い日本では、そういうわけにはいきません。夏の素肌はつねに汗でじっとり湿っていますし、濡れたシャツはなかなか乾きませんし。ヨーロッパの常識が日本で通じるわけないんです。

断言します。日本の夏はワイシャツやドレスシャツを着るときに、汗を吸うインナーが必須です。1日中エアコンの効いた涼しい室内で過ごす人と汗をかかない特異体質の人を除いて。

しかしながら妙な常識に囚われていたファッション誌より現実の方が進んでいて、日本のビジネスマンのクールビズには、多くの方がインナーを着用されています。

しかしですね、みなさん間違ってませんか、そのインナーの着方。

インナーが透けて見えるのは絶対ダメです。

「ジャケット不要」が解禁されて、シャツイチのクールビズスタイルが定着したことで、半袖のビジネスシャツに気を使う人が増えました。ノータイでも襟元がだらしなく開かない「ボタンダウン」や「カッタウェイ」と呼ばれる襟羽根が切れ上がっているタイプのビジネスシャツが人気となって、おじさんでも細身に見えるスリムフィットが登場したり、スーツのズボンを流用するのではなく<インコテックス>など足長に見える単品パンツも定着しました。

なのに、「ワイシャツにインナーが透ける」は、なぜ気にしないのでしょうか? 女性のブラウスに下着が透けるのは、絶対的に「恥ずかしい」ですよね。おじさんはワイシャツにTシャツが透けるのは絶対的に「ダサい」ですよ。クールビズ以前、ジャケット着用だった時代の名残りからか、男性はシャツに下着が透けることをあまり意識しないのでしょうか。

インナーを正しく着ましょう

多くのメーカーからワイシャツ専用のインナーがいろいろとリリースされていますが、普通のTシャツ、もしくはいわゆる一般的な下着(肌着)を着ている人もまだまだ多く見られます。クールビズ初期によく見られたロゴ入りのプリントTシャツを着ている人はさすがに減りましたが、無地のインナーでも着方を間違っている人が多く見られます。クールビズではワイシャツの襟元のボタンを開けるのでクルーネックタイプ は見えてしまいますね。開いた襟元からTシャツのクルーネックが覗いたらビジネススタイルとしては減点です。タンクトップは確実に肩線が浮き上がるのでやめましょう。

襟元から覗かないくらいネックラインに余裕あるUネックのTシャツを着ていたとしても、リブに厚みがあるので白無地のワイシャツなら確実に透けて胸元が透けてツキノワグマみたいになってしまいます。さらに見苦しいのは半袖ワイシャツの袖のなかに、インナーの袖がひらひら透けていることです。

白無地のワイシャツの胸元にインナーのネックが透けていたり、ワイシャツの半袖の内側にTシャツの袖が透けてみえるのは「ダサい」し「おっさんっぽい」し、あまりにも「ビジネススタイルに無頓着」です。色柄のワイシャツの場合はインナーが透ける心配はそれほどないのですが、白シャツが透けているのはビジネススタイルとしてレベルが低いといわざるをいえませんね。

ワイシャツには専用インナーを着ましょう

普通の白無地Tシャツは汗を吸っても乾きにくいので気持ち悪いし冷たくなるし…。そのうちワイシャツにもしみてきますよ。

こうならないためにワイシャツ専用のインナーを着ましょう。特殊な繊維が汗を素早く吸い取って乾燥してくれるので、ワイシャツに汗がしみるのを防いてでくれます。ワイシャツに皮脂が吸い込みにくいので汗や皮脂の汚れがつきにくいのもインナーを着る利点です。

最近のインナーは接触冷感機能を備えたものもあります。これは雑誌では書けませんが、確かに最初着た時は冷やっとしますけれど着ているうちに普通に体温と同じになりますので冷感性は薄くなります。ただ、接触冷感機能を備えた繊維はシャリっと硬いタッチですので、湿度が低くカラッと暑い日に着ると、素肌にぴったりはりつかないのでなんとなく快適です。

冬には保温性の高いインナーもでていますよね。こちらはまた改めて。

白無地のワイシャツにはベージュのインナーを合わせる

クールビズ用の白無地ワイシャツには、ベージュのインナーを着用しましょう。その他の色はグレーだろうと黒だろうと必ず透けます。これは女性の下着と同じ考え方です。メーカーによってベージュのトーンにそれほど差はありませんが薄いものより濃い目のベージュがいいようです。ネックのカットはクルーネックより深めのUネックを。襟元のボタンは、せいぜい外しても1つだと思いますが、飲み会などで2つめを開けたときにも深いUネックならのぞきませんので女性がいる席でも安心です。

ただしクールビズとはいえ、ときにタイドアップすることがあるようでしたら、胸元の汗がしみますのでクルーネックタイプをおすすめします。

風通しがよいように半袖が大きく開いているワイシャツの場合、たとえベージュのインナーを着ていても、角度によっては袖の内側がチラ見えしてしまいます。さすがに目をそらしたくなるところではありますが、ここからインナーの袖が覗いてしまうのは女性のベージュのブラがチラ見えするぐらい残念なことです。

そこでオススメなのがノースリーブのベージュインナーです。

これならワイシャツに透けず、袖口からのぞきません。袖がないぶんワイシャツの袖と干渉して脇がモタつくこともありませんし、個人的にはインナーはノースリーブがなにかと都合がよいのではないかと思っています。

色柄ワイシャツには必ず「半袖」インナーを合わせる

ブルーの無地やストライプの柄が効いたワイシャツを着るときは、白無地だろうとベージュだろうと黒だろうと、色についてはなんでも大丈夫です。透けにくいワイシャツならぶっちゃけ普通のTシャツだろうが専用インナーだろうが、ノースリーブだろうがタンクトップだろうが、インナーはなんでもいいんです。前述したとおり汗を吸って冷たくなるのが我慢できるなら、ですけど。

ただし色柄ワイシャツの場合は、脇汗対策として袖ありのインナーをおすすめします。白無地のワイシャツは脇汗が目立ちにくいのですが、色モノのワイシャツは汗に濡れた部分が色濃く浮き上がりますので、袖ありインナーで脇汗を吸い取ってもらう必要があります。

それでもしみてしまうという方、最近では脇汗パッド付きのメンズインナーもありますよ。

でも、ベージュのインナーの日はデートに行けない…

ベージュのインナーは仕事に行って、ちゃんと帰る日用ですね。ジムぐらいならともかく、彼女とデートしてお泊りとか、ちょっとお見せできないですし。

仕事柄どうしても白無地ワイシャツを着なければならない場合は、ノースリーブの白無地インナーならぎりぎりOKでしょうか。ワイシャツの袖の縫い付け部分が、インナーの袖口にちょうど重なって、袖先がぴらぴら透けて見えないのでセーフです。胸元のツキノワグマ対策は、浅Vネックタイプのインナーなら、襟羽根のラインと同化してごませるかもしれません。

今夜デートの予定があるようでしたら、ワイシャツは色柄モノを。インナーには見られてもOKなTシャツででかけましょう。デートの予定のない方は、ワイシャツに合わせた正しいインナーをしておでかけください。

 

メンズファッション ブロガーランキングにもどる


迷彩を使えばおじさんは、お洒落に見えます

ワンポイント迷彩のススメ

もしゃもしゃ素材だとか、黒使いだとか、メンズクラシックの今季のトレンドキーワードはいくつかあるのですが、正直少々弱いなと思っていたところ。もしゃもしゃ生地は、いつまでブームが続くかわからないうえに、着るシーンも限られそうだし、黒は定番ですが、定番すぎてトレンドといわれても気づかないし。

そうこうしているうちに、ああそういえば、これはたしかにトレンドだワ、と感じたのが「迷彩柄」です。

「迷彩柄なんて、定番じゃん」というのは、若者向けのカジュアルファッションの世界の話しで、おじさんに迷彩ってあんまし聞かないでしょ。会社員がスーツに迷彩の小物使いとか、あまり見ないでしょ。だからこそ、上手く使えば、頭抜けるわけです。鞄や財布、革小物、iPhoneケースなんかでもいいと思います。「おじさんが持ってると新鮮!」がキーワードなんです。

例えば迷彩柄のカーディガンをスーツのインナーに。ちら見えぐらいなら、許してくれる職場・業種はあるんじゃないかな。ソックスとか、ベルトとかでもいいですよね。あとはクラッチバッグが迷彩とか。ネイビースーツに迷彩のクラッチとか、社内会議の資料入れるぐらいならいいんじゃないでしょうか。

クラシックの定番アイテムが迷彩になるのは新鮮です。迷彩のスーツとか、迷彩のネクタイとかもでていますが、こちらはかなりシーンが限定されますから、あくまで小物(ネクタイ以外ね)で足すことをおすすめします。何着ても許される方なら、是非トライしてみてください。あ、迷彩のカジュアルアイテムは普通ですよ。そちらは定番として、休日に着てくださいね。


ウォームビズ対策の5箇条

つい先週まで、半袖のTシャツで出歩いてた気が。

もう朝晩寒くて、エアコンを入れようか悩み中です。外出にもジャケットを羽織ることが多くなってきました。そういえば街行くビジネスマンもいつの間にかスーツの上着を着て、ネクタイをしている人が増えていました。

ちょっと気が早いですが、そろそろウォームビズ対策を考えてもよい季節です。雑誌ではダウン特集なんてやってますが、人気ブランド&モデルはもうそろそろ売り切れてますから、決して冬対策が遅いわけではないんですね。ファッションピープルが動き出しているだけで、一般の方はゆっくり揃えていけばいんですから。

で、ウォームビズなんですが、考えておきたい対策は、以下の5つです。

1 ニットを重ね着

薄手のハイゲージニットの重ね着はウォームビズ当初から推奨されていました。カーディガンやVネックニット&ベストなど、Vゾーンのあるものが一般的でしたが、今年はクルーネックがおすすめです。「首がつまって窮屈では?」なんて思われるかもしれませんが、パツパツのクルーだと確かにそうですね。でも意外とこれが新鮮なんです。タンスの中で、ちょっと襟元がユルんできたぐらいのニットが最適です。

2 あったか肌着

まぁ、ようするにラクダのモモヒキの上バージョン。いろんなメーカーから機能性アンダーウェアが百花繚乱で、これがけっこうバカにできないです。長袖のものもありますが、さすがに袖がゴワつくので、半袖もしくはスリーブレスでも12月アタマぐらいまで十分かと。肌着だけじゃ寒くてしかたないという季節には、シャツイチにコートを着たほうがあったかいですから、晩秋ぐらいまでの対策と心得ましょう。

3 ロングホーズ

足が冷えるなんてOLみたいですが、男も足元って結構冷えますよね。スーツのパンツって裾がひらひらですから。で、ここで膝までのロングホーズをはくと、かなり温かいです。日本ではあまり人気のないロングホーズですが、膝下があたたかいと薄手のコートで十分です。逆に素足だとダウンを着ても寒いものです。ただし、以前も書きましたが最近の細身テーパードパンツにロングホーズをはくと、摩擦でパンツが絡みます。そこんとこ納得のうえではくか、あらためてレギュラーストレートのパンツでいくかは貴方次第です。

4 大判ストール

マフラーですよね。でもオフィスでマフラーって、どうでしょう。なんていうと、オフィスでストールはアリなのか、ってことになりますが。女性の肩掛けが許されるなら、男性のストール巻きも許されるのでは。最近はブランケットほどの英国羊毛ストールもありますし、薄手のカシミヤストールをボリューミーに巻いても温かいですよ。ジャケットを脱いでカーディガンの上からアフガンストールみたいなスタイルも、いいと思うんですけど。お堅い職場でなければ、ね。

5 タートルネックニット

ネクタイ必着の職場でなければ、タートルニット×ジャケットの組み合わせがいいと思うんです。昔はデザイナーとかニューアカデミズムの象徴みたいなタートルニットでしたけど、最近はミドル〜ローゲージのタートルニットも増えていて、ハイゲージタートルより気軽な感じです。タートルニットのことをイタリア語で「ドルチェビータ(甘い生活)」と呼びますが、これ、かのマルチェロ・マストロヤンニの映画『ラ・ドルチェビータ(邦題『甘い生活』)』からきてるんだとか。で、マストロヤンニが劇中でタートルニットを着てるとかっていうのは、なんど映画をみてもわからないんですが、何分何秒にでてるのか誰か教えてください!


祈! ドレスコード復活

「祝!」じゃないっす。「祈!」っす

「ただ問題は、彼らがその格好のまま平然と夕食に出かけてしまうことで、(中略)こと夏場のイタリアに関しては、なぜか彼らはリゾート地を勘違いをしている節がある」(落合正勝・著『クラシコ・イタリア礼賛』世界文化社)

昼間、ショートパンツにTシャツ姿でミラノのモンテ・ナポレオーネ通りで買い物をしてきた日本人が、同じ格好のままで夕食のレストランへ行ってしまうことを嘆いた、服飾評論家、故・落合正勝さんの言葉です。いまから20年前の著作ですが、ドレスコードについての認識が薄い日本人には無理もないことかもしれません。

ハワイや沖縄に旅行へ行って、昼間はビーチやプールで遊び、夕食のレストランにはTシャツ&短パンで出かけるのは、観光地なら許されることもあるでしょう。ハワイの高級レストランでは襟付きのアロハシャツを求められることもありますが。ヨーロッパの都市部で同じようなことをやらかすと、確実に店の奥のほうの、ヘタするとトイレの前の席に通されます。実際、ぼくも昔やられました。

ロンドンのサウスケンジントンあたりに泊まっていて、ホテルにほど近いレストランへ出かけたとき、なんのことはない地元の店なのに、客が皆ドレスアップしていたので、さすがこのあたりの住人はハイソだなと思っていたら、じつは多くが外国人で、わざわざドレスアップしてから食事に来ているのだと現地の友人に聞いて、ちょっと恥ずかしい思いをしたことがあります。ドレスアップ&ドレスダウン。遊びに行くときと食事のときの服装を変えるなんて、日本人にはあまり馴染みがないものですから。

80年代のディスコにはドレスコードを設定している店がありました。店の入口に黒服がいて、ラフ過ぎる格好の人は入店お断りというわけです。実際に弾かれた人を見たことはないのですが、「ドレスコード有り」と言われていたので、みんなそこそこ頑張ってお洒落して遊びに出かけていました。その後、ドレスコードのないクラブに夜遊びの中心が移行すると、ドレスアップする機会は激減しました。年に1〜2回、友達の結婚式の二次会ぐらいなものです。

お洒落して出かける場所がないことは、寂しいことだと思います。ドレスアップすることで気持ちを盛り上げたり、華やかな会場の雰囲気に溶け込んだりすることで、アドレナリンが出る感覚ってあると思うんです。いつでもどこでも短パンTシャツスニーカーで、気軽でいいかもしれませんが、ときには気持ちを切り替えるために服を着分けることがあってもいいのではないでしょうか。

ようやく涼しくなってきて、お洒落が楽しい季節になってきました。わざわざお洒落する機会を設けてみるのも、たまにはいいですよ。


トレンドの「英国風」を取り入れるための5項目

イタリアとはひと味ちがうイギリスを表すもの

今秋のトレンドキーワードのひとつは「英国風」です。「英国」ではなく「風」なところがポイントです。毎年、秋冬になると「今年は英国トレンドが…」といわれるのは、春夏になると「今年のトレンドはミリタリー」と同じような気分ですが。男の服は、そこそこの英国とミリタリーを着ておけば間違いないのだと思います。ガチなのはダメです。英国もミリタリーも、本物はオタ度が高すぎますので。

では、どんなふうに「英国風」を取りいれればよいかというと、以下のとおりです。いくつか「2014年秋 コレ着てたらカッコいい7項目」とネタがかぶってますけど気にしません。

1 フランネルやツイードなど紡毛素材を着る。

秋冬なので当然といっては当然なのですが、今年はとくに紡毛が強いです。フォックスブラザーズのフランネルや、ハリス・ツイードなど、昔ながらの英国生地があちこちで使われています。起毛タッチの素材のジャケットに、ウールのタイを合わせるのがいいと思います。

2 チェンジポケット付きのジャケットを着る。

右腰ポケットの上にあるチェンジポケットは、ついてるだけでなんとなく「英国風」です。もちろん実際に小銭を入れたり、小物を入れたりしてはいけません。では、なんの意味があるのかというと、チェンジポケットを作るジャケットはウェストを高く設定しないとアンバランスのなるので、必然的にシェイプ位置が高くなって脚長に見えるのだそうです。今年はイタリアブランドもこぞってチェンジポケットをつけています。

3 チェック柄を着る。

メンズファッションの業界には、イタリア男はストライプを着ているイメージで、イギリス紳士はチェック柄を着ているイメージがなんとなくありまして。もちろんグレンチェックやタータンチェック、ハウンドトゥース(アメリカという説も)やタッタソールなど、英国伝統のチェック柄が多いことがその理由です。タータンチェックやウィンドーペーンは、今年のトレンド柄でもあります。ジャケットだけでなく、シャツやネクタイにも積極的にチェックを取り入れるのが今年流です。チェックオンチェックもガンガンやっちゃってください。チェッカーズ世代には、お安い御用でしょう。

4 黒い革靴を履く。

これもなぜだかメンズファッション業界には、茶靴=イタリア、黒靴=イギリスという図式があるんです。英国原理主義の人たちによると、英国紳士は黒靴しか履かないといいます。エドワード・グリーンもクロケットアンドジョーンズもジョンロブ(いまはフランスブランドですが…)も、チャーチ(いまはイタリアブランドですか?)も茶色の靴はいっぱいあるのですがね。10年ぐらい前だったかな? ある雑誌で英国スーツの特集をしたとき、スタイリストが茶靴を履かせたので全部再撮になったと聞いたことがあります。

5 タブカラーやピンホールカラーのシャツを着る。

ピンホールカラーもタブカラーも、その由来に諸説あって、ホントのところはわからないのですが、襟元をキュッと絞るスタイルは英国的だといわれます。なんとなく襟元がキュッとしてると、「襟を正す」姿勢が英国紳士に通じるみたいです。敬愛する故・落合正勝さんはタブカラーはケーリー・グラントが愛用し、ピンホールは50年代のアメリカで流行したことから、実用性を重視したアメリカらしいシャツだと言っておられますが。