新しいドレスコード」カテゴリーアーカイブ

ワイシャツは素肌に着るべきか

汗でびっしょり濡れたシャツでもいいですか

「シャツはもともと下着なので、上着を脱いでシャツイチはマナー違反だし、中にTシャツを着るのはナンセンス」とは、よく知られた文言で、ドレスシャツは一枚で素肌に着なければならないというのが、スーツ原理主義者の鉄の掟です。丸首や半袖が透けるのはカッコ悪いのも、その理由のひとつになっていますね。

一年をとおして空気がカラッと乾燥していて、汗がすぐ乾く国ならいいのですが。春は5月ぐらいから徐々に暑くなり始めて、ヘタすりゃ10月中旬ぐらいまで湿気が多く雨も多くて蒸し暑い日本で「シャツイチ」や「シャツ・オン・Tシャツ」を否定するのは、常夏のハワイでアロハシャツの正装を否定するのと同じではないでしょうか。郷に入りては郷に従え、日本には日本独自のドレスコードがあっていいのでは。

スーツが生まれた国、たぶんイギリスあたりでは、真夏でも30度を越える日は稀で、いや最近は異常気象なので少しは増えてるかもしれませんが、スーツの原型ができあがった今から100年ぐらい前は、真夏でもリネンのシャツとウールのジャケットで過ごせるぐらいの穏やかな気候だったはずのでしょう。平日33度が普通の日本の夏は、シャツイチだってシャツの中に吸汗速乾性のTシャツを着るのだって、じつに理にかなった着方です。

お洒落はときとしてやせ我慢といわれますが、単純に欧米のルールを真似るのは「やせ我慢」でもなんでもなくて「服従」です。国や地域に合ったお洒落の仕方があるはず。なんでもかんでも欧米に倣う必要はありません。

ただし、中のTシャツが透けるのは、やはりいかがなものかと。とくにプリントTを着てるサラリーマン。ときどき見かけます。


2014年秋 コレ着てたらカッコいい7項目

今(だけ)が旬

雑誌を見ればトレンドや流行、最新ファッションが満載ですが、でも結局どれを買って、どう着こなすかは、ファッション誌を読み慣れていないとわかりにくいものです。それほど今のメンズファッションは多様化していて情報量も多いのです。そこで、今後は思いついたときにシーズンごと「これを着てればカッコいい! お洒落が早い人がやってるテクニック」を完結に書き綴っていこうと思います。

1 タブカラー、またはピンホールカラーのシャツを着る

襟元をキュッとタイトに締める着方が、お洒落な人のあいだでチラホラ広がってきました。80年代にちょっと流行ったのですが、当時のシャツはスリーブも身頃も太いので、物持ちがよくても諦めて最新のシャツを買いましょう。先進的なセレクトショップで、少し取り扱いがあるようです。

2 もじゃもじゃ素材を着る

とくに単品ジャケットに多いのですが、もじゃもじゃした素材感を着る流行がしばらく続きそうです。ラルディーニ、タリアトーレ、エルネスト、ザ・ジジなどセレクトショップが力を入れているブランドは、皆もじゃもじゃ素材です。大柄のチェック柄が入っていることもあります。

3 柄パンを履く

今年の春ぐらいまではカラーパンツ。カラーパンツと言っていました。今秋もカラーパンツは多いですが、早い人はカラーにパターンも取り入れています。ウィンドーペーンのチェック柄より総柄のプリント小紋や植物柄など、同系色で柄目立ちしないのに柄が入っているという、初心者でも履きやすいタイプもあります。

4 スニーカーもしくはダブルモンク

カジュアルの足元は断然スニーカーです。メンズファッションでは断然ニューバランスですが、ランニング系かバスケット系がよさそうです。スーツなどビジネススタイルにはダブルモンクシューズを履いておけば、まず間違いはありません。

5 タック入りのテーパードパンツを短めにはく

ノータックが主流ですが、トレンドが早いところはカジュアルもドレスもタック入りです。PT01やインコテックスなど、パンツ専業ブランドもちらほらタック入りを出しています。もちろん丈は短めに履いて、くるぶしを見せて履きましょう。おじさんが履くツータックとは違いますので、ご注意を。

6 フランネル素材を着る

とくにスーツはフランネルが目立ちます。グレーだけでなくネイビーカラーもありますし無地だけでなく柄入りもあります。イギリスのフォックス&ブラザーズという生地メーカーが有名です。フォックスフランネルなら、買っておいて間違いありません。

7 シャツ&ネクタイは柄×柄

シャツとネクタイはどちらか一方が無地というのが基本でした。しかし今シーズンはストライプシャツに小紋タイ、チェックシャツにストライプタイなど柄×柄であわせるのがトレンドです。ちょっと柄がうるさいかな?と思うぐらいが、よかったりします。

秋の立ち上がりに有効なファッションテクニックのキーワードですので、深い秋まで継続するもの、初秋で消えてしまうものもあります。このネタは随時更新していこうと思います。


オフィスで黒スーツに異議あり? 異議なし?

日本には日本のドレスコードがあってもいいじゃん

仕事では何年も「ビジネススーツはネイビーかグレイが基本。黒はモードやフォーマル用」と書いてきました。確かに欧米では黒のスーツは礼装か、ホテルのレセプションしか着ていません。ビジネスマンは大抵ネイビースーツで、たまに黒かな?と思ってよく見ると、チャコールグレーだったりします。

いつの間にビジネススーツに黒が蔓延したのでしょう。90年代初頭まではリクルートスーツもネイビーが主流でした。しかし90年代半ば、ヘルムート・ラングやディオール・オムといった、若い人にアピールするモード系のデザイナーズブランドが登場してきたとき、「スーツは黒」という図式が定着したように思います。実際90年代半ば以降、黒スーツの後輩が、当時勤めていた出版社にぞろぞろ入社してきましたから。

その頃から、オフィスに黒スーツが広まってきたように思います。若い人はリクルートスーツにモードな黒を選び、先輩や上司もなんだか黒がカッコいいなと思うようになり、気づけば社員みーんな真っ黒け、という。黒無地は流石にお葬式なので、黒地に織り変えでストライプを入れたシャードストライプや、かすかに濃色ピンストライプの柄黒も多くあります。もはや一掃できないくらい、黒のビジネススーツは日本のビジネススタイルとして定着しました。これを無理やり方向修正することのほうが無茶な気がします。

海外で「なぜ日本のビジネスマンは黒を着るのだ?」と聞かれたことが有ります。僕は「それがジャパニーズスタンダードだから。でもビジネスブラックは無地ではなくストライプが多いんじゃない?」と答えました。最近では「日本人のビジネスマンは黒いスーツ」というのはだいぶ定着してきたようです。しかし政府関係者や、保守的な外国人には、黒スーツの日本ビジネスマンにあまりよいイメージを持っていない人もいるようです。ちなみに、なぜかドイツ人も黒のスーツを着る人が多いように思います。

もし海外出張の多いお仕事なら、紺かグレーのスーツを着ていくほうが無難かもしれません。でも国内中心のお仕事なら、黒スーツで構わないのではないでしょうか。さすがに黒のスーツしか持ってないというのは、どうかと思いますが黒、ネイビー、チャコールグレーと、ダークスーツでも3色持っていると、毎日のローテーションも、少しは気分が変わるはずです。


ネクタイにディンプルは必要か

ネクタイは、その人より先に部屋に入ってくる

ネクタイを結ぶとき、結び目の下をくぼませます。これをデインプルとかエクボとか呼びます。上手な人は、このディンプルは2つも3つも入れることができます。ネクタイはディンプルを入れたノットが浮き上がっていて、しかも小剣がちょっと横にズレているぐらいがちょうどいいと言われます。たしかに自分もそうしています。

「ディンプルなんて田舎者のネクタイだ」という人もいます。イギリスでもイタリアでも聞いたことがあるこの言葉は、ロンドンやミラノのかなり年配の方が言う場合が多いようです。かつてディンプルを入れないネクタイの結び方が流行ったことでもあるのでしょうか。

ディンプルの入っていない結び方でも、相手に不快感を与えることはないので、個人的には、どちらでも構わないと思います。上手にディンプルを入れると光加減でくぼみ部分にネクタイの生地の質感が浮き上がって、シルクの素材の美しさが引き立ちます。これが胸元のアクセントになるのでディンプルが推奨されるのです。でも最近はナロウタイやニットタイも増えてきていますし、細い帯はディンプルを入れるのが難しかったりもします。モードなナロウタイは、あえて緩めに結ぶ方がかっこいいこともあるので、無理にディンプルを入れる必要はないのではないでしょうか。ちなみにお葬式のときはディンプルを入れないのがマナーです。

TPOに合わせて、ネクタイをきちんと結ぶのは、最低限のマナーだと思います。お酒の席や、仕事のネクタイを緩めるのはともかく、人前に出るときにネクタイが緩んでいるのは、パンツのジップが開いているのと同じぐらい恥ずかしいことだと思うんです。

テレビを見ていると、ネクタイの結び方がまったくなってない人が多いですよね。とくに芸人さん。スタイリストさんは衣装を渡して帰ってしまうのでしょうか、シャツの襟元のボタンが開けたまま、ネクタイをユルユルに結んでいたり、ネクタイが緩すぎてノットの上からボタンが覗いていたり、あるときはゴールデンタイムの大型バラエティで、某芸人さんがタブカラーシャツのタブをノットの上で留めていたのには、ひっくり返りそうになりました。ネクタイの結び方がなっていないと、僕は気になって面白いはずのトークも笑えません。


カラーステーの処遇について

けっこう引き出しからでてきます

シャツを購入すると、襟の裏に細長いブラスチックの板が刺さっていることがあります。これは「カラーステー」といって、襟羽根をびんと張らせるためのものです。シャツを洗濯する時は抜け落ちてしまわないよう外しましょう。干すとき、アイロンがけをするときも外しておいて、最後に保管するときに差し込むべきものです。

このカラーステーについて、ちょっと前までは「買ったら即捨てるべき」と書いてきました。ドレスシャツを洗いざらして、ノーアイロンもしくは糊付けなしで着るというのが流行ったからです。実際、そういう原稿をたくさん書いてきましたし、自分でもカラーステーは捨ててしまったものがほとんどです。せいぜい「バジル」と書いて植木鉢に挿すぐらいしか利用価値がありませんから。

しかし最近欧米人、とくにイタリアは、みなさん、きちんとアイロンを掛けて、ピシっとシャツを着てらっしゃる。ファッション業界人に話しを聞くと、このカラーステーが見直されているようで、イタリア男のように襟羽根をハネさせたり、ノーアイロンの風合いを楽しむ着方より、英国紳士のようにきっちり隙無く着るのがトレンドのようです。

捨ててしまったカラーステーは、どうやらシャツのメーカーの問い合わせれば購入することができるようです。自作で下敷きを切って作ろうかと思ったのですが、とりあえず聞いてみることにします。海外ではカラーステーにメッセージを書いてプレゼントすることもあるようです。

僕は外して引き出しにポイ。そして、どのシャツのものだったかわからなくなって、結局捨てちゃいます。