ネクタイ」カテゴリーアーカイブ

フレッシュさと安定感が魅力のストライプタイ

ライターズ・スタイル 1

 またぞろストライプタイが気になりだしてきた。前回はトム・ブラウンやマイケル・バスティアンなどの米国発ニュープレッピーの流れから、レジメンタルなタイに脚光があたりました。そしてそれから10年ほどが経ち、今再びのストライプか?という機運がモリモリとなっています。ビームスは今季、70年代のブリティッシュアメリカンにちなんだ正統的なクラブタイをリリースする様子です。そんなタイミングで僕の持っているストライプタイをちょっとご紹介。といってもどれもビンテージです。昨今は各セレクトショップの編集能力もいっそうの磨きが掛かり、かなり感度の高いデザインのストライプタイを出してきていますが、やっぱり僕には少し古臭いモノが良く似合うようです。きっと顔の問題だと思います。……。とは言えスーツやジャケットまでビンテージだと、なんだかカビ臭い人に見えてしまうような気がするので、それらはモダンなフィットであることを心掛けつつ、タイなどの小物で遊んでいるというワケ。昨今、スーツにおいて「サルトリアーレ・スタイル」(襟付きジレの3ピースや2プリーツ&サイドアジャスターのパンツによる、いわば1930年代調ディテールを取り入れたスーツ)のトレンドがあるように、僕はタイにおいて“レトロ”を取り入れようと考えているのです。それにしても日本人がちょいちょい絡んで見せるプレッピーへの視線はどういうモノなのでしょうか。学生・制服スタイルというか集団スタイルへの帰属意識というか。AKB的な嗜好と通底する何かがあるのでしょうか。不思議不思議。

Photo①

シルクのレップタイ。レップとは畝織生地のことで通常はシルクが使われます。ブルックス ブラザーズが自社のレジメン風タイをレップタイと呼んだことから、アメリカ的な“逆ノの字”ストライプタイを総称してレップタイと呼ぶ人もいます。僕のこの一本も“逆ノの字”ゆえにアメリカ製だと思われます。5060年代を感じさせる剣先6.5㎝の細幅仕様。芯地も極端に薄手でスカーフのように軽く巻けるのがイイところです。(通常の8.5㎝仕様は本気で働いている人向けのような気がするのです……)何よりも黒ベースというのがお気に入り。黒のジャケットにカーキのパンツのときなどに用いています。

 

Photo②

こちらもアメリカ風のレップタイ(タグに「Reppe」の文字あり)。黒ベースが今風だと勝手に決めつけています。剣先はやや細めの7㎝。剣先のエッジにステッチが入るのもビンテージらしい仕様です。「Bonder Brink & Baron」のタグ付き。恐らく当時シンシナティにてブイブイ言わせてた()メンズショップの作です。

Photo③

ゴールドとバーガンディの同ピッチストライプがなんともキュート。ちょっとDrew&Co.を思わせる配色がポイントです。こちらもいわゆるアメリカンなレップタイで、5060年代製らしく剣先エッジにステッチ入り。そして僕のお気に入りである極薄芯仕様。昨今の芯無しジャケットによく似合います。「Brennan’s」というタグ付き。この時代のメンズショップは、Bで始まるモノが多いのでしょうか?(ブルックスの影響?)

Photo④

最後にまさかのグッチ。らしくねーなと思う人もいるカモですが、ライターの節操なんて所詮こんなモンです。ただしコチラはシルクリネン製で生地のボコつきやネップが味わい深いもの。ベージュに細ブルーの軽妙なストライプで非常に春夏な雰囲気。茶系のスーツにベージュシャツなどと合わせてリゾート風に着こなしたいと思っていますが如何でしょう。

(※次回は久々にスウェットをピックアップする予定)

 

 

 

 


ネクタイは色柄より素材で選ぶ

ゼロヨンテレビ

毎朝のコーディネートでも、お店でも、ネクタイを選ぶときって、色とか柄とかをみていきますよね。でもって鏡の前で首元にあててみて「似合うかな?」なんて。

いやいや、ネクタイ選びにストライプだとか小紋柄だとか悩む必要ありません。とにかく無地でいいんです。迷ったらネイビー無地のネクタイなら、たいていのジャケット&スーツに似合いますから。

それより素材で選びましょう。シルクのサテンやツイルもいいですが、ウールやガルザもおすすめですよー

 

 

 

 

 

 

 

メンズファッション ブロガーランキングにもどる
にほんブログ村 メンズファッションにもどる




流行予想の答え合わせ7 「柄×柄」Vゾーンどうなのよ

柄シャツには柄タイを合わせるというトレンド提案はいま…

「今年はもう、なんでもありでしょ」と、2年前は言ってましたね。ジャケットは色柄だけでなく織りのバリエーションも様々で、パンツも色柄ともに甚だし。トレンド重視の売り場には、どこにも白シャツが無い無い無い! タイが無地では恥ずかしい、派手な花柄やペイズリー柄じゃなきゃ! だったはず。

わかりやすいトレンドほど短命なもので、いまやカラーパンツなんて、こっ恥ずかしいだけですし、花柄シャツなんて存在があったことすら忘れられています。シャツもパンツも、フラワーチルドレンみたいなマルチカラークレイジーストライプですら「あり」だったのに。いまやグラフチェックのシャツすら気恥ずかしい感じ。ぜんぶ、去年とっくに終わっていたトレンドですな。

Vゾーントレンドは、同系色やトーン・オン・トーンへと変化していて、ブルーのシャツにブルーのタイだの、白シャツにベージュのタイだの、タイをしていることを隠しタイといいますか。

単品でみても地味さは一目瞭然です。濃色ウールタイは、ジャカード柄が同系色の糸で入っていて遠目には無地にしか見えません。これに合わせるシャツは白でもブルーでもいいのですが、襟元をキュッと留めるタブカラーだったりすることは、こないだ書きましたね。

2年でメンズスタイルはどう変わったのでしょうか前回、プリーツパンツが最新トレンドですという話を書きましたが、まだまだほかにも「最新トレンド」というやっかいなヤ...
流行予想の答え合わせ 「ダブカラー」「ピンホールカラー」は来たのか? - ZEROYON LABORATORY

 

とにかく今年のVゾーンは英国調ということで、地味に攻めるのが正解のようです。

英国調、サヴィルロウとジャーミン、シティとカントリーなど様々ですが、いずれにしても共通してるのは、イタリア的なこれ見よがしでないことでしょう。

トーン・オン・トーンで英国調を攻略する

Amazon.co.jp ウィジェット

ピッティスナップを見てもわかるように、イタリア人はわかりやすいものが大好きです。英国人は基本がアンダーステイトメントですので、目立たないところで勝負してきます。わざとホントは複雑な柄模様を地味な配色で作ったりしますし、裏地に凝ったり、小さなアクセサリーにこだわったりします。だからVゾーンも、一見地味です。そのかわり、よく見ると複雑怪奇な柄や織りを使っていたりします。

おしゃれ上手には腕の見せ所ですが、初心者には「わかりにくい」「まねしにくい」「簡単にはおしゃれに見えづらい」とシーズンかもしれません。

メンズファッション ブロガーランキングにもどる

Amazon.co.jp ウィジェット

春はネクタイしません。だって襟がないから。。

襟なしシャツの時代

立ち襟じゃないです。バンドカラーっていうんですけど襟なしのシャツ。これ来春のトレンドに異常に多いです。6月ピッティ行けなかったから、知らなかったー。ワークシャツが元だったはずです。襟がないのは、ネクタイをする習慣のない階級のシャツだから。昔は持ってたけど、もう捨てちゃったなー。

盲点でした、ここは。今年の春夏ぐらいにヘンリーネックのTシャツが流行ったときは、かろうじて持ってたんですが、バンドカラーはさすがに持ってません。買うべきか、買わざるべきか、悩み中。

「流行りの服は着ません」宣言しておきながら、心動かされるのは、まだまだ修行が足りませんな。

 


いますぐ「スーツ姿が素敵!」と言われるために

ネクタイを変えればスーツ姿が変わります

たぶん「スーツ姿がイマイチ」なのは、フィッティングのせいだと思います。誰でも、正しいフィットのスーツさえ着ていれば、痩せ型だろうが、メタボだろうが、必ず素敵に見えるスーツはあります。トレンドだとかブランドだとか、はっきり言って関係ないです。ベルベストを着たモデルさんも、コナカを着たモデルさんも、きちんとフィッティングさえ合っていれば、カッコよく見える、それがスーツというものなのですから。

でも「今すぐお洒落になりたい」人に、正しいフィッティングのスーツを今から買い直すのは正直難しいですよね。お直しの時間もかかるし、お金もそこそこかかります。なので、一番手軽に買えそうなネクタイから替えてみる。どのようなネクタイに買えるかというと、「ダークネイビーの無地ネクタイ」です。一般的なスーツ屋さんだと、品揃えが少ないかもしれません。百貨店やセレクトショップで1万円ぐらい出せば、きっと買えるはず。ストライプだとか小紋だとかの柄タイをやめるだけで、スーツ姿はガラリと変わるんです。

そもそも柄タイは、所属や家紋など、アイデンティティを表すものに始まりましたので、本来のネクタイは柄なんていらないわけです。無地のネクタイなんて葬式の黒ネクタイぐらいしかお持ちじゃないとしたら、ちょっと残念。日本人はネクタイ=柄ものと思い込んでいるフシがありますが、欧米ではネクタイに柄を使うのは、そこそこネクタイ姿がサマになってきてからのお話です。

ネイビースーツがいいのですが、日本人に多い黒のスーツでもかまいません。グレースーツでも大丈夫です。着ているスーツの色の濃さと同じぐらいのネイビーのトーンを選ぶのがいいのですが、とにかく紺無地のネクタイをしてみてください。その際、できればシャツは白無地をオススメします。これだけでもスーツ姿は、かなり見違えるはずです。むしろ、これでスーツ姿が見違えないなら、よほどスーツのサイズに問題があります。

もちろんスーツの仕立ても良質なものがいいのですが、たぶんこのブログを見ている人、そこそこのクオリティのスーツを着ている人だと思います。スーパーのオリジナルはどうかと思いますが、2プライスでも、ロードサイドでも結構です。きちんとフィットしていて(むしろちょっとタイトフィットで)、パンツの太さも18〜19㎝で、膝下から細身にテーパードさせて、ちょっとくるぶしが覗くぐらいのレングスで履けば大丈夫。

今日、会社帰りに紺無地のネクタイを買ってから帰りましょう。