タートル&ドレスシャツの着方

スポンサーリンク




「とっくり」って呼ばないで

昨日クルーネックニットの話をしたので、今日はタートルニットのお話を。タートルニットも去年ぐらいからメンズファッションではアツいアイテムです。ミドルゲージが去年は多かったと思うんですが、今年はハイゲージもいけそうです。衿は折り返してもぐしゅぐしゅのままでもOK。とにかく、

今年のトレンドはニットを着てればOKな感じです。雪柄のフェアアイルやアランセーターのようなケーブル編みもイケてる感じですが、あれ?アーガイルを見かけませんね。プリングルがリニューアルして、変形アーガイルのニットをリリースしてるの、かわいかったんだけどな。

横道にそれましたが、タートルニットの話でした。去年、ファッション業界ではもう浸透していたんですが、タートルニットの中にシャツを着て襟を立て、剣先を覗かせるという着方がありました。今年は、なんとなく、これがしにくいんですよね。なんとなく今年はタートルを正統に着るのがいいような気がしています。なんだろう、このむず痒い感じ。

特殊な着方って、少人数ならお洒落だけど、大人数だと気持ち悪いというか。タートルのシャツ襟出しってカブるとカッコ悪いな、と。去年、だいぶカブったので、今年はもういいかな、というかんじです。

ちなみにイタリアではタートルニットのことを「マリオーネ・ドルチェビータ」といいます。ジャケットやコートにタートルネックを着るスタイルをさして『ドルチェビータスタイル』と言います。マリオーネはニットのこと。ドルチェビータは「甘い生活」。有名な映画のタイトルなんですが、映画のなかで主演のマルチェロ・マストロヤンニがタートルネックを着ていたから、というのがよく聞くフレーズで、ぐぐってみるといろんな人がいかにみ知った顔で「映画『甘い生活』でマスロトヤンニが着ていたから」と我物顔で書いていますが、TSUTAYAで借りて見たけど

映画のなかでマストロヤンニはタートルネック着てませんから!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です