カテゴリー別アーカイブ: 基本のドレスコード

ジャケットは、どこまでタイトフィットさせるのか

オーバーサイズはナシですので 80年代の分厚い肩パッドが入ったソフトスーツの幻想に支配されている40代後半のオジサンたちがだいぶ駆逐されてきて、世の中細身のスーツがカッコいいという風潮が増えてきたのは良い傾向かと。もとも […]

ジャケットとシャツの袖丈を見直そう

ちゃんとシャツ袖が出てますか? たぶん、ほとんどのスーツを着る人ができていないのが、正しい袖丈の設定です。直立して腕をまっすぐ下にのばしたときにも、ジャケットの袖からシャツの袖が覗くのが正しい着方ですが、大抵の場合ジャケ […]

パンツの裾丈を見直そう

足の長さは関係ありません 昔はワンクッションとかツークッションとか言ったんですが、はっきり言います。いま、パンツの裾丈はノークッション、もしくはちょっと短めで短靴なら靴下が覗くぐらい、細身のパンツならくるぶし丈でカットし […]

ポケットの仕付糸

ポケットは飾りと心得て 既成品のスーツが陳列されているのをよく見ると、けっこういろんなところに糸がついています。まずは袖口。丈を決めてからボタンをつけるので、「フラシ」といわれる未完成の状態で糸で仮留めされています。それ […]

イタリアとイギリスとアメリカ その3

日本人のお洒落の先生はアメリカでした イタリア、イギリスが「手仕事にこだわる仕立て服」なら、アメリカのスーツは大量生産、大量消費に代表される工業製品としてのスーツです。ブルックス ブラザーズやラルフ ローレン、Jプレスや […]