ニット」カテゴリーアーカイブ

冬の出社に良質なカシミヤ

お正月休み終了のお知らせ

明日から出社という方も多いと思います。会社に行くのがイヤになるくらい寒さが厳しいですが、厚手のコートやダウンを着るより、シャツの中にヒートテックを着るより、ジャケットのなかに薄手でも本当に品質のよいカシミヤのカーディガンを一枚重ね着することをおすすめします。出退勤時は寒くても、オフィスのなかはそこそこ暖かいもの。ヒートテックが暑くて、こっそりトイレ脱いできたなんて話も聞きます。もっと暖かい保温シャツなら、なおさらです。あれ、一日中屋外で仕事している人ならいいと思うんですけど。カシミヤのカーディガンなら、ジャケットを脱げば気軽で快適ですし、オフィスのドレスコードを損ねないうえ、温かさも抜群です。室内温度を低く設定している会社でも、良質のカシミヤなら、本当に快適です。あくまで「良質」のカシミヤなら、の話しです。

カシミヤ100%のカーディガンが、ユニクロなら7,000円ぐらいで買えます。このカシミヤをひと撫でしてから、百貨店の紳士服売り場に行って5万円以上の値が付いているカシミヤを触ってみてください。さっき触ってきたモノがなんだったのか、わからなくなると思います。

カシミヤ山羊はその名のとおり、インド北部のカシミール地方に生息する動物で、内モンゴルや新疆ウイグル自治区など、中国の奥地や最近ではネパールやイランなどの高地山岳地帯でも飼われています。厳しい環境に育つほど、その原毛が細かく細くやわらかくなるのですが、実際にトレーサビリティのシステムが確立していないこともあり、ブランドごとその品質にはばらつきがあります。産地だけでなく、成獣と幼獣の毛を混紡するだけでも毛質が変わるので、現地の採取業者の信頼性も重要です。適当な業者から買い上げれば、カシミヤ山羊の原毛どころか、よくわからない動物の毛がたくさん混じっていることもあるようです。実際、カシミヤ製品は世界の生産量より流通量が3倍なのだとか。どういうことやねん。

イギリスのジョンストンズやイタリアのロロ・ピアーナをはじめ、ブルネロ・クチネリやマーロ、セッテフィーリなど、ヨーロッパでカシミヤを取り扱うブランドの多くが、この原毛の確保にもっとも力を注いできました。信頼できる中間業者を選別するのはもちろん、現地に足を運び、何度も交渉を重ね、さらには何週間も一緒に山を歩いて業者との信頼関係を築き上げて、確かな品質の原毛を買い取る契約を結びます。そこに費やされる人件費こそがカシミヤの値段に反映されるわけで、一着1万円をきるカシミヤの品質がどの程度のものなのかは推して知るべし。

本物のカシミヤ山羊の毛を刈り取って原料につかったニットは、「とろとろ」という表現が使われるほど繊細で暖かく、むしろときには暑いくらいに感じる保温性を誇ります。目の詰まった編地になれば、日本の都会の冬ぐらいなら、カシミヤニット一枚で、十分外が歩けるほどです。

そのかわりカシミヤは繊維が細いぶん、細かなホコリを集めやすく、毛玉もできやすいですね。また繊維が弱いので伸びるのも早いです。襟リブがダレやすいので、クルーネックやVネックがでろ〜んと伸びてしまうと、高級なカシミヤでも、なんとなく貧乏くさくなります。高級なカシミヤは、もともと限られた上流階級のものですからヘタったら捨てる、新しいのを買うわけで、痛みがはやくてあたりまえ。庶民には高嶺の花ですが、がんばって10万円ぐらいのカシミヤを手に入れてみれば、その違いは明らかです。

僕は日本で25万円で売られていたブルネロクチネリのニットパーカを本国のアウトレットで8万円ぐらいで買いました。5年ぐらい前の話ですが、これが手持ちのセーターのなかでは群を抜いて暖かく、半袖Tシャツの上に着れば室内では暖房要らず、外出時は上からダウンを羽織ると途中で暑くなってしまうので、ラベンハムのキルティングJKか、ヘルノのインジェクションダウンベスト程度で十分です。だいぶヘタってきましたけど、まだまだ部屋着としてなら十分。8万円の元は十分とれています。正規で25万円だしてたら、あと20年は着たおします。


クリスマスは、だっさいセーター着て集まれー

『はちみつとクローバー』の山崎くんなら着こなしちゃうよねきっと

アグリーセーターが流行ってるそうな。クリスマスにダサいセーターをプレゼントしたことに始まったとか、おばあちゃの手編みのセーターだとか。みんなでダサいセーター着て集まるパーティがあったり、ネット上に専門店があったり。へー。

それじゃ、着てみようかな? とはならないけど、先日のサブールも同じでファッションを介したコミュニケーションって面白いと思う。「服は買ったけど、どこに着ていけばいいの?」っていうのはだめ。「着ていく服がない」ほうがまだまし。買えばいいだけから。むしろ「行くところがないから、服がいらない」っていう状況がまずいと思う。

アグリーセーターパーティも、一種のドレスコードパーティですね。ボウタイパーティー、チェックパーティ、イエローパーティ、ツイードパーティ、etc.。もっともっと広がるといいと思う。僕らもこれから「服を着て、街に出よう!」という活動を推めていきたいと思っています。


40代にぶっ刺さるニット

テレビゲーム世代です

これ、若い人にはわかんないかもですけど1980年に登場したTVゲームの「パックマン」です。ちゃんとドットも入ってます。しかもジャカードで。超なつい! オープニングテーマが聞こえてくるぞー。

エディフィスの展示会で見つけたMONSIEUR LACENAIRE(ムッシュ・ラスネリとかムッシュ・ラスネールとか撥音します)のニット。デザイナーのギャランス・ブロカさん(女性)は、元エルメスのニットデザイナーで、独立後ニットブランドを立ち上げ、シーズンごと、ちょっとユニークなモチーフのニットを展開しています。以前もインベーダーとかあったし、もしかして日本ゲームマニア? オタク?

ブランド名のラスネール氏とは1945年のフランス映画『天井桟敷の人々』に出てくる詩人で犯罪者の伯爵ピエール・フランソワ・ラスネールの名前からとったものだそう。でも、なんで? 

じつは作中のヒロインの名がギャランスというんです。はい、デザイナーと同じ名前なんですね。そういうこと。

袖口とかにモンスターがいたり、どっかにパワーエサとかあったら速攻予約したなー。


雑誌に書けないカシミヤの話

本当にいいものは安くないんです

「産出量の3倍が、市場に出回っている」というカシミヤ。数年前に某ファストファッションブランドが、6,800円ぐらいで売りだしてびっくりしたのですが、実際に見にいって、さらにびっくりしました。全然、僕の手持ちのカシミヤと違うのです。

MYカシミヤセーターは、ロロ・ピアーナ3万円(アウトレットで70%OFF)、クルチアーニ8万円(セールで30%OFF)、ブルネロ・クチネリ24万円(アウトレットで50%OFF)、コムデギャルソン8万円(プロパー)と、お値段はこんなかんじ。それが1万円を切るって、なんの冗談だかと思ったら、ホントに冗談でした。

本当のカシミヤは、日本の冬に上着なしでセーター1枚で外出できるほど温かいです。クチネリのカシミヤはニットパーカなのですが、インは半袖Tシャツでも全然平気です。今時分はむしろ暑くて着てられない。極細繊維が肌に吸い付くようにまとわりつくので、暑いわけです。本当のカシミヤって、そういうものなんです。

それがそれが、こんなざらざらのぐしゅぐしゅで、メリノウールよりちょっとやわらかいぐらいでカシミヤとか名乗られちゃ困ります。そもそもカシミヤは、成獣と幼獣で繊維に雲泥の差があり、ロロ・ピアーナなんかは、いかに現地のカシミヤ生産者たちに「成獣と幼獣の毛を混ぜるな」と教えこむかに苦労したとか。ちゃんといわないと成獣と幼獣の価値の違いを知らない人たちからすると、なんで混ぜちゃいけないの? となるのだそう。

それでもずいぶん最近は、劣悪なカシミヤが市場から駆逐されてきました。トレーサビリティも進んできて、あきらかにこのカシミヤ、おかしいやろ? となると、大手百貨店なんかはすぐにお取引中止ですから。逆にSPAはやりたい放題。今日も、某駅ターミナルビルに入店している某ブランドのカシミヤセーターを、さらっと指でなぞったら「ざりっ」ていいましたから。


タートル&ドレスシャツの着方

「とっくり」って呼ばないで

昨日クルーネックニットの話をしたので、今日はタートルニットのお話を。タートルニットも去年ぐらいからメンズファッションではアツいアイテムです。ミドルゲージが去年は多かったと思うんですが、今年はハイゲージもいけそうです。衿は折り返してもぐしゅぐしゅのままでもOK。とにかく、

今年のトレンドはニットを着てればOKな感じです。雪柄のフェアアイルやアランセーターのようなケーブル編みもイケてる感じですが、あれ?アーガイルを見かけませんね。プリングルがリニューアルして、変形アーガイルのニットをリリースしてるの、かわいかったんだけどな。

横道にそれましたが、タートルニットの話でした。去年、ファッション業界ではもう浸透していたんですが、タートルニットの中にシャツを着て襟を立て、剣先を覗かせるという着方がありました。今年は、なんとなく、これがしにくいんですよね。なんとなく今年はタートルを正統に着るのがいいような気がしています。なんだろう、このむず痒い感じ。

特殊な着方って、少人数ならお洒落だけど、大人数だと気持ち悪いというか。タートルのシャツ襟出しってカブるとカッコ悪いな、と。去年、だいぶカブったので、今年はもういいかな、というかんじです。

ちなみにイタリアではタートルニットのことを「マリオーネ・ドルチェビータ」といいます。ジャケットやコートにタートルネックを着るスタイルをさして『ドルチェビータスタイル』と言います。マリオーネはニットのこと。ドルチェビータは「甘い生活」。有名な映画のタイトルなんですが、映画のなかで主演のマルチェロ・マストロヤンニがタートルネックを着ていたから、というのがよく聞くフレーズで、ぐぐってみるといろんな人がいかにみ知った顔で「映画『甘い生活』でマスロトヤンニが着ていたから」と我物顔で書いていますが、TSUTAYAで借りて見たけど

映画のなかでマストロヤンニはタートルネック着てませんから!