ジャケット」カテゴリーアーカイブ

もしゃもしゃ素材警報

ブークレーの寿命やいかに

THE GIGI(これ今季からスタートするブランドなんで、カタカナ表記がまだわかんないんです。ザ・ジジなのか、ザ ジジなのか、THEジジなのか)もそうですし、ラルディーニ、タリアトーレ、エルネストなど、流行りのブランドがこぞって手を出しているのが「もしゃもしゃ素材」です。どういうことかというとモヘアニットのような毛がもしゃもしゃ浮いた素材が、今季のメンズトレンドに大量に出回っているんです。ブークレ素材とも呼ばれています。大阪のおばちゃんのコートみたいな生地ですよね。個人的にはちょっと欲しいんですが自制中です。

なぜかというと、あまりに時代の徒花になりそうで。

大柄チェック、タータンチェックなど、今季が始まる前からトレンドのパターンジャケットが春からずっと流行アイテムだったのですが、秋冬素材を「もしゃもしゃ」に変えてきました。これはたしかに目新しい。それもそのはず、もともとウィメンズ素材でよく使われるものだったんです。そういえば昔の彼女が着てたシビラのコートに、こんなのありましたわ。イタリアのフェルラ社のものがよく使われているのですが、このフェルラ社、レディス生地の名門でした。

面白いと思うんですが、来年着ていて大丈夫かな?という気が。来年も「ブークレー」を紹介しているのだろうか、とちょっと不安なんです。なぜならファッショントレンドが、シンプル傾向に揺り戻してきてるからです。スーツ回帰とか、モノトーン回帰とか、無地とか、早い人はもうそちらに目がいっています。

色柄、おもしろ素材が行き着くとこまで来ているような気がします。もしゃもしゃブークレーもそうですが、カセンティーノみたいな毛玉素材って、ヴィンテージトレンドの一端のように語られてますが、ファッションって右翼化したら左翼傾向、左翼化したら右翼傾向というメトロノームみたいなもので、年々この傾向が早まっているような気がします。ブークレー、カセンティーノ、ヴィンテージって、もう右端の一番端っこのような気がするんです。

昔、先輩が編集会議で「今はやってないモノ特集」を提案したことがありました。曰く、今はやっていない、チノパンとかロールネックとかホワイトジーンズとかを取り上げようというもの。「今はやってないってことは、次流行るかもしれない。だからお洒落に目ざとい人に刺さるはず」。お洒落も行き過ぎると、ただの流行遅れになるんですが、最先端過ぎても、すぐ時代遅れになる危険性があります。この加減、難しいです。とにかくブークレー、来年も継続しているなら、僕は買います。


雑誌に書けないジャケットブランドの話 その3

タリアトーレの話

タリアトーレって「裁断士」の意味だそうですね。裁断士って「カッター」のことかな? 「テーラー」が「サルト」なら、「カッター」は「タリアトーレ」なんでしょう。現当主ピーノ・レラリオさんのお祖父さんが、靴のアッパーをカットする職人だったことに由来する名前とか。イギリスではテーラーよりカッターがエライとか言いますが、イタリアのサルトでもカッターがエライんでしょうか。ちょっと、このへん聞いたことがない話なのです。

とにもかくにもタリアトーレが大人気です。ブランドとしては98年頃からあったようですが、ここ2シーズンぐらいで彗星のごとくメンズファッション界に表れました。正直なところモノだけ見ても、素人さんにはぜんぜん判らないと思います。というのもメンズファッションというのは、ミリ単位で全然違うことを実感できるブランドだからです。

たとえば胸板からウェストにかけてのシェイプは、型紙を比べてみれば一目瞭然なのですが、ジャケットに仕上がってしまうと、着てみないことにはわからないと思います。多少見る目がある方なら、トルソーが着ていてなんとなく裾が短いなとか、ドロップがきついかなと見ることができるのですが。タリアトーレ、僕も最初みたときは「?。なんかどっか違うけど、なにが違うんだろう?」というかんじでした。で、実際着てみたら「うわっ細っ!短っ!」となったわけです。

「シルエットが細い」「着丈が短い」は言い古された表現で、読んでるほうも「また同じじゃん。ラルディーニとはどう違うの? ボリオリとは?」となると思いますので、もうちょっと詳しく書いてみましょう。

まずバストからウェストへかけて背後から抱きすくめられたみたいに吸い付いてきます。これはおそらく細腹と前身を繋ぐラインがかなり前方向へ攻め込んでいるからだと思います。ですので、いつも48を着ている方なら、キツいと感じるかもしれませんのでサイズアップして、着丈や袖など直されたほうがいいかもしれません。逆に48だとちょっとゆるくて46だとちょっときついという人にはドンピシャかも。ボタンを掛けるとタイト感がリアルにわかります。それから袖釜がかなり高いです。袖を通すと脇がぴったりはまります。で体型によっては、二の腕がきついと感じるかもしれません。ボタンの設定位置がやや高いのは、裾丈が短いのでバランスをとっているからだと思います。

もうひとつ忘れてならないのは、生地選びがめちゃくちゃ上手いです。少し前に流行ったダブルのメタルボタンのジャケット「モンテカルロ」はホップサック風の生地があったんですが、これボリオリで人気となったドーバーを彷彿とさせる生地でした。折り目の立つこの生地、基本的に人気なんです。それから今季は毛足の長いブークレーにいち早く取り組んでいます。もともとウィメンズなどで使われるフェルラ社の素材をメンズに転用しているんですね。これがすごく新鮮ですし、色柄いっぱいの先シーズンをうまく秋冬に持ち込んでいる感じがしました。

某掲示板では「腕が上がらない」とか「細すぎでしょ」とか「モードじゃね」とかいろいろな意見があるようですが、クラシック服を着てきた人にも着られて、モードを着てきた人も着られる、うまいトコ突いてるブランディングだと思います。しかも価格が良心的です。これ、大事なところなので、もう一度いいます。

価格が良心的なんです。

デザイナーのピーノ・レラリオさんは、以前ガブリエレ・パジーニさんと、リバイバルというブランドを展開していました。いまガブさんはラルディーニ社と組んで自分のブランドをやっていますね。なんかあったんですかね?

ピーノさんが、スキンヘッドでそんなに背も高くないうえ、眼鏡オヤジでキャラが立ってるところも味があります。デザイナーで着る服を選んでもいいと思うんです。この人の服を着てみたい、と素直に思える服ですタリアトーレって。

 
メンズファッション ブロガーランキングにもどる
にほんブログ村 メンズファッションにもどる