バルーン AGAIN!

スポンサーリンク




2011年に登場した「バルーンウール」を覚えていますか?

2015-02-19 13.27.45

国内のスーツファクトリーとして有名なリングヂャケットが、尾州の機屋さんと協業で開発したオリジナルのテキスタイルで、詳細はリングヂャケットの顔、奥野さんがブログで書かれていますので、そちらを御覧ください。

このバルーンウール、ジャージーほどではないですが、ストレッチ混素材より伸縮性があり、「編み」ではなく「織り」ならではのしっかり感がありまして、昨今ジャージージャケット全盛の時代に、そのブームの先駆としてもじつに画期的でした。

なのに惜しまれつつどころか、惜しむ間もなく終了。その後の「ブリットハニー」、「クリーミーワッフル」といった、リングヂャケットのオリジナル素材3部作へと続いていきます。

すごい評判よかったのに、なんで終わらしちゃったのだろうと不思議に思っていまして、奥野さんにも「じつは、なんか不備があって、このまま出し続けちゃまずいことでもあったの?」と失礼な質問を直球で聞いてみたのですが、そんなことは微塵もなくて「ほんとは毎シーズン新作を出したいぐらい」新作生地の開発に夢中になっているのだとか。奥野さんのFacebookとか、しょっちゅう尾州だのイタリアだのに出張しているのですが、そのほとんどが生地屋巡りですし。そらそうですよね。生地がないとスーツ縫えませんから。ただその生地を買ってくるだけじゃなく、織りから糸から携わりたいというのは、これはもうスーツマニアなら誰でも行き着く領域です。リングヂャケットは、そんなマニアックなスーツ好きが集まっているので、しょっちゅう新しい生地開発をやっているわけです。

2015-02-19 13.27.31話が逸れましたが、つまりは来秋「バルーンウール」が帰ってきます。名前は「ニュー」とついただけで「バルーン」の名をそのまま冠したのは、くるくる繊維が熱をかけると膨らむ性質をそのまま受け継いでいるからでした。「ブリットハニー」や「クリーミーワッフル」でハマってしまった英国羊毛の良さを取り入れているので、以前の「バルーンウール」とはタッチが少々違いますけど、個人的には色出しが以前よりよくなったように感じました。もちろん同色もあるのでしょうけど、やっぱリングの生地は、あー、こういう生地が欲しかったんだよね、と思わずにはいられないもんがあります。

2015-02-19 13.34.54なかでもこのダブルのスーツ、もしゃもしゃ感があってメランジ調に、このぶっとい格子柄。真っ赤なネクタイは趣味じゃないですが、わざとブルーのシャツにネイビータイとかで着てみたいですね。

「バルーンウール」で満足していた人はもちろん、「バルーンウール」を買いそこねて、「ブリットハニー」や「クリーミーワッフル」に手を出した人も、今度の「ニューバルーン」はお買いそびれませんように。また、いつ無くなっちゃうかわかりませんので。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です