月別アーカイブ: 2016年8月

「ラコステのポロシャツって、なんで人気なの?」

ゼロヨンテレビ

ワニのマークで有名なラコステのポロシャツは、フランスのテニスプレーヤー、ルネ・ラコステが1927年に、友人であったニットメーカーの社長と共同開発したテニスウェアです。ニットメーカーの工場で生産していた「鹿の子編み」の素材を使ったんですね。いまではポロシャツといえば鹿の子素材が一般的ですが、その元祖はラコステだったんです。でも、ラコステのポロシャツが支持されるのはオリジンだから、だけが理由でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

メンズファッション ブロガーランキングにもどる
にほんブログ村 メンズファッションにもどる
 



「正しいフォーマルシューズの選び方」

ゼロヨンテレビ

冠婚葬祭など、フォーマルの正装に履く靴って「革靴ならなんでもOK」じゃないんです。結婚式にウィングチップはだめですよー、っていうお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

メンズファッション ブロガーランキングにもどる
にほんブログ村 メンズファッションにもどる
 



 

靴の外羽根と内羽根は本来、用途が違いますお手持ちの靴のひもを結ぶところを御覧ください。左右から扉を貼り付けたようになっているのが外羽根で、ホールを縦にカット...
内羽根靴か、外羽根靴か - ZEROYON LABORATORY
靴には「外羽根」と「内羽根」の2種類があります。いきなりちんぷんかんぷんな人は、ググってください。ここ読みに来てる人は、外羽根靴と内羽根靴の違いぐらいはご存...
もっとも投資すべきは、果たして「靴」か? 〜種類編〜 - ZEROYON LABORATORY

 


今秋のファッショントレンドを凝縮したガブリエレ・パジーニ

夏真っ盛りですが、そろそろ秋物チェックの時期です

夏真っ盛りにも関わらず、そろそろ秋物が店頭に並んできました。このあたりがファッションのおかしなところで、リアルな季節よりも早い段階に服が出そろうという。まだ半袖のTシャツとか買いたいのに、店にない!

いや、あるところにはあるんですが、トレンドセッター的な店にないんですね。お洒落に敏感な店にないから、どうしてもフォロワー的な店で、やむをえず買う。そうなりたくなかったら、早め早めに買っときなさいよ、というのが日本のアパレル業界の常なんです。

なにせ今秋の最新作が、最初にお披露目されたのは、半年以上前の今年の冬のこと。各メーカーが極寒の頃に、つぎの秋冬の新作を発表します。そこで各ショップがオーダーを入れて、メーカーが製造を開始。ようやく出来上がった商品が入荷してくるのが今時分というわけです。

さて、そんなわけで、今年の1月に見てきた世界最大級の紳士服展示会ピッティ・イマジネ・ウォモの様子を、そろそろ紹介していこうかと。半年以上も前にみてきたことなので、思い出しつつですが。。。

とにかくすごく良かったガブリエレ・パジーニ

ここのところ数シーズン、秋冬は「あたたかそうな素材使い」というのがキーワードになってるような気がするんですね。「ウォーム感」って呼ぶことがあるんですが、ウォーム=WARM(あったかい)ってことかと。ふわふわで肉厚で表面に織り糸が浮いている。ちょっと昔っぽいのも特徴的で、ツイードとかフランネルとか、古いイギリス生地にあるような色目も特徴的ですね。

なんかもこもこしてるでしょ。白のショールカラーのジャケットなんて、貴族趣味もいいところなんですが、新品なのにちょっとこう使い古した毛布みたいな(?)素材感が今っぽいというかパジーニの提案です。ここにグレー杢のタートルニットという合わせ方は、シンプルでいいですね。白のジャケットなんて気恥ずかしいけど、こんな素材使いのものを、タートルニットで着ればいいわけですよ。

こちらはライダーズ。レザーじゃなくてムートンですよ。このへんがパジーニのセンスですね。でもってやっぱりタートルニット。手袋は表革とニットのコンビ使いで、革はアクセサリーっぽく使うんですな。

これが今季のパジーニを象徴すると思うんですが、ベーシックなアイテムばかり使ったモノトーンの柄合わせです。ジャケットもシャツもVネックのセーターも、ネクタイまでも白黒のチェック柄です。クラシックチェックではないので千鳥格子とかウィンドーペーンとかの名称はありません。ほんとにライター泣かせですね。ポケットチーフなんて黒ですよ。ここまで徹底して着てたら、かなりのキワものですが、白シャツにモノクロ柄のジャケット&ニットぐらいだったらできそうですね。素材ももこもこしているし、まったくもって今年っぽい。

ちなみにあえて触れてきませんでしたが、この帽子。なんでしょうね、僕の好きなジブリ映画の『紅の豚』に出てきますよね、飛行機乗りの帽子。これ日本でやらないと思うんだけど、あったかそうだし、ちょっと欲しいな、と。

これも同じく、モノクロの柄ものレイヤード。スーツですね。ブランケットのような大判ストールを肩がけしていますね。去年、流行ったポンチョやマントは、今年は鳴りを潜めていますが、個人的にはコートやダウンなんかより、アフガンストールとか使いたいと思ってます。

これも同色異柄使い。グレーのウィンドーペーンのスーツに、チェック柄のショールカラーのベストを重ねる、フェイクなスリーピースです。パジーニなのに、会社に着ていけるかも!?

このコート、パジーニ流のミリタリーなのかな。ラルディーニが思いっきりイタリア空軍のジャケットデザインを再現したような、袖に階級章をつけたミリタリーコレクションをやっていますが、パジーニは袖の階級章のようなラインと金ボタンに加えて、刺繍入りです。モールと刺繍で、ちょっとオリエンタルちっくな柄を入れているのは、タトゥーみたいでなかなかインパクトありますなー。

こちらはロングスリーブTシャツに刺繍入り。気軽なアイテムですが、デザインはけっこう重厚ですね。ショールカラーのベストと重ねても、モノクロ同士だから意外とレイヤードもすっきり見えます。これぐらいなら、下はデニムでも着られそうです。 

グレーバーズアイのスーツにグレンチェックのショールカラーダブルのベスト。ネクタイもマイクロチェックですね。ここにブラウンのテーラードコートはメタルボタン仕様と、ちょっとミリタリーなイメージでしょうか。しかも袖の刺繍入りという、80’sならニューロマンチックのカテゴリーですな。

これ見てください。クレリックシャツの襟羽が片方浮いていますね。これ、トルソーの着せつけミスではないんですよ。わざと襟先をハネさせてるんですね。こういう小技、イタリアでも南のほうの人がよくやるように思います。ネクタイのノットがズレていたり、わざとボタンを開けていたり、ちょっとハズすつもりなんでしょう。このハズしがイタリア流の「粋」の心得なんですね。日本人には難しいですが、業界人には上手く取り入れてる人もいます。

ラルディーニと組んで開花したガブさん

誰が呼んだか「モデナの怪人」ことガブリエレ・パジーニ。自身の名を冠したブランドのデザイナーと言う肩書ですが、モデナ市内でちいさなショップをやっているショップオーナーというのが本業です。ピッティのメイン会場では、ラルディーニと通路を挟んだところにブースを構え、もちろんラルディーニ兄弟とも仲良しです。じつはガブさん、以前はタリアトーレのピーノ・レラリオさんと一緒に、リヴァイバルというブランドをやっていましたが、リヴァイバルを解消してラルディーニのファクトリーで服作りを始めました。そのいきさつの細かいところは知りませんが、タリアトーレのブースは、2人のブースとは離れたところに位置しています。

ガブさん、見た目はちょっとコワ面ですが、じつに物静かで腰の低い方です。確か出身はイタリアのどっかで、なぜ縁もゆかりないモデナにいるの?と聞いたことがあります。「昔のカミさんが、モデナの人で、結婚してモデナに来たんだ。いまは別れちゃったけど、店をやってるからモデナにいるんだよ」だって。Facebookをみてると最近、若い彼女ができたようで羨ましいですな。

メンズファッション ブロガーランキングにもどる
にほんブログ村 メンズファッションにもどる

 

Amazon.co.jp ウィジェット

「ブルックスブラザーズのポロカラーシャツ」

ゼロヨンテレビ

なぜか誰にでも似合ってしまうボタンダウン(ポロカラー)シャツ。「1896年に〜云々」という歴史的なウンチクは横に置いといて、なぜか気になるこのアイテムの魅力について、アメトラ好きなウチの相方と話してみました。

 

 

 

 

 

 

 

メンズファッション ブロガーランキングにもどる
にほんブログ村 メンズファッションにもどる

 



 

こんにちはゼロヨンテレビです。メンズファッション誌のライターやってます。僕たちが雑誌で書けなかったことや、愛してやまないブランド・アイテムなど、好き勝手に語...
ゼロヨンテレビ PART1「グッチのビットローファー」 - YouTube
タリアトーレのネイビージャケットを紹介しています。 http://zeroyonlab.com
ゼロヨンテレビPART2「タリアトーレのネイビージャケット」 - YouTube
レイバンのウェイファーラーって、無くしては買い、壊れたらまた買う、どうしても手元に1本おいておきたいサングラスです。男が惹かれる、その秘密とは。。。 http://ze...
ゼロヨンテレビPART3「レイバンのウェイファーラー」 - YouTube

オリンピック開会式の金メダルスーツ

一番カッコよかった小さな国の選手団

リオ五輪の開会式は壮観でした。各国入場直前、少年が植物の苗を見つけて、入場選手が種を植えながら行進していくところ、ちょっと感動的でしたね。

で、やはり気になるのは各国の公式スーツ。民族衣装やスポーツメーカーのジャージー姿の選手団もいましたが、ばっちりスーツでキメてきた国もありました。

I finally was able to catch up with myself and watch the Olympic fashion show… err, I mean the Parade of Nations. It is the same thing really, I watche...
Olympic Fashion Roundup: The Catwalk of Nations - talktomyshoes

 

事前に話題となっていたのは、アメリカのポロラルフローレンやカナダのディー・スクエア、フランスのラコステ、イタリアのEA7のジャージーあたりは、まぁなるほどねって感じ。

ロンドンのときも思ったんですが、日本の赤いジャケット、あれなんとかならなかったんでしょうか。漫才師じゃないんだし。世界的なスポーツの祭典の場にあのセンス。しかも民族衣装でもなんでもなく、日の丸の赤を拾ったわけでしょ。

日本の公式スーツ「あれはナシでしょ!」って人↓どっちかひとつポチっとな

あれはないわセンスなさすぎ昭和かよ
開会式欠席したサッカー選手正解

個人的に、いやたぶん世界的にも納得いただけると思うんですが、一番カッコよかったのはサンマリノ。ロンドン五輪に引き続き、フェラガモのスーツだそうです。

選手団のスタイルの良さを引き立てるダークスーツは、たぶん黒じゃなくてミッドナイトネイビーに白シャツ&ネイビーの無地タイ。射撃の選手が多いそうですが、アスリートの筋肉質の足に、パンツのシルエットを、あそこまで攻めこむとは、よほどの腕前のカッティングですよ。白のポケットチーフも差されていて、しっかりインターナショナルな場に相応しいスーチングでした。

サンマリノはフィレンツェから2時間ぐらいで行ける小さな国です。イタリアがエンポリオのスーツで来たら、沈んじゃったかもしれないですが、きっちりとモダンなスーツで行進することで、世界に向けてしっかりと自国をアピールできたのではないでしょうか。少なくとも、僕には刺さりました。

靴ブランドとして誕生しながら、いまやランウェイショーも展開するトータルラグジュアリーメゾンに成長したフェラガモですが、正直なかなかスーツを買うという選択肢には入ってきませんでした。でもこれみたら、全然いけるんじゃないかと真剣に思った次第。

Amazon.co.jp ウィジェット