スーツ」カテゴリーアーカイブ

伊勢丹で若きテーラーにフルオーダーを依頼する(予定)

テーラーという職業を志す若者が増えますように

何年か前、伊勢丹メンズ館で当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったボリオリのピエルイジ・ボリオリを取材したことがありました。ピエルイジはいま、ザ ジジというブランドを手がけています。

ピエルイジは英語があまり得意でなく、もうひとり同行していたパタンナーが英語とイタリア語でできるということで、私→英語のできる伊勢丹の人→パタンナー→ピエルイジというルートで取材をしなくてはならず、なんともまどろっこしいうえに翻訳の途中で言葉のニュアンスが変わってしまったりするので、質問などドラスティックに答えが出るものしか出せないなー、とちょっと困った仕事を請けてしまったことを後悔しながら現場に向かったことを覚えています。僕が英語できれば、もうちょっと違ったんでしょうけど、日常会話程度しかできないので、仕立ての細かい話とかビジネスの展望とか英語で聞けないんで。

現場には代理店、伊勢丹、制作会社など人がたくさん。ピエルイジは、ちょこっと伊勢丹を視察に来たついでにインタビューを受けるぐらいのつもりだったので、このときなんとなく機嫌がよろしくない。イタリア人って、しゃべるの大好きですから、インタビューがまどろっこしいとさらにめんどうなことになりそうで、どうしたものかと思っていました。

そのとき、伊勢丹の工房にイタリア語ができる兄ちゃんがいるとのことで顔を出したのが山口さんでした。お直し工房の職人さんで、聞けばイタリアで修行した経験があり、とのこと。無理を言ってイタリア語の通訳をお願いすると、「小学生程度のイタリア語ですが…」といいながらも、快く対応していただけました。イタリア語ができる人物が現れたことで、ピエルイジも上機嫌。取材は首尾よく進みました。

このときの縁で、山口さんには、何度かパンツの丈詰めのお直しをお願いしました。当時イタリアで主流になりつつあった細身シルエットのテーパードラインですが、まだまだ日本ではインコテックスのJ35が主流で、このラインを作れるお直し屋がなかったんです。山口さんと試行錯誤しながら作ったパンツの出来栄えは文句なしの仕上がりで、そのパンツはいまも愛用しています。いまではお直しの見本として持ち出すほどです。当時は新宿から2駅の場所に住んでいたので、週に3〜4回は伊勢丹に通っていたのですが、最近はとんと足が遠のきました。この年末は仕事で通っていますが、店舗ではなくオフィスのほうばかりで、なかなか山口さんに会いに行く機会がありません。

当時からスーツ一着丸縫いできるという話は聞いていましたが、いま伊勢丹では彼のフルオーダーができるそうです。全工程をひとりで手がけ、しかも普段は工房で僕のような一般客の相手もしなくてはならないのですから、仕上がりには相当の時間を要することでしょう。でも、いつかあのときのお礼を兼ねて、一着お願いしていみたいですね。

当時山口さんが好んで着ていた、着丈長めのジャケットに、フレア気味のパンツを合わせたスーツでオーダーしてみたいのです。


もう2プライスとは呼ばないで

日比谷にあるスーツ専門店、「ONLY」の展示会に行ってきました。

以前は「SUPER SUITS STORE」(略して「スー・スー」)といって、いわゆる2プライス店だったんですが、今年本社名の「ONLY」をブランド名にしたラインを発表しました。いまもスー・スーは残ってるけど、ショッピングセンターなどファミリーとか若い層に向けたところ中心の出店だそうで、こちらのONLYはもうちょっとスーツに造詣ある人向けに感じました。場所も日比谷だしね。

でもって結論からいうと「この価格で、この仕上がりだったらちょっと着てみたい!」でした。なんていうか、いまのクラシック傾向をうまく取り入れていて、タリアトーレとかラルディーニみたいなフォルムと素材をしっかり再現しているんです。こんな書き方、雑誌じゃできないですけど。

で、上の写真がそれ(ちょっと斜めってるのはご愛嬌)。ワイドラペルのダブルはコンパクトなフォルムでタリアトーレ風。シングルのほうは、ちょっと肩がありますが、記事のセレクトがヴィンテージ風だったりして、なかなかに今風です。既成品のラインナップも豊富ですが、パターンオーダーには、一時伊勢丹が力を入れていた「DRAGO」社のエクスクルーシブ生地のバンチがあって、これがまた60〜70年代風の渋い色柄揃えてます(写真撮り忘れた)。

横並びの2プライスから一歩抜け出た感じのリアルプライスゾーンなので、セレクトショップのオリジナルレーベルを買い揃えるより、ちょっとだけ懐には優しそう。さらに、この手のスーツ専門店によくあるカジュアルのラインナップも、イタリアンテイストの色柄を揃えていて、なかなかにマーケットを熟知してるっぽいです。会場にいたONLYの人も、タリアトーレのジャケット着てたし。

2プライス系では、圧倒的にスーツカンパニーの出来の良さが語られますが、こちらのONLYもトレンドを確実に押さえたラインナップが揃っています。うちのクロゼットのなかではキメのスーツにはならないけど、普段着用に一着買ってみようかなー。


これもスーツ、あれもスーツ、たぶんスーツ、きっとスーツ

スーツって会社に着ていくときの制服だし作業服ですよね。

堅苦しいし、面倒くさいし、できれば早く帰って脱ぎたい服でしょう。でも「スーツとは、ただ単に上下共地の服」こう考えたらどうでしょう。もっと広がりのあるお洒落ができる服じゃないでしょうか。

ジャケット&パンツのビジネススタイルが一般化して、街中や電車のなかで、紺のジャケット&グレーパンツのビジネスマンを多く見かけるようになりました。こんなふうに流行ってくると、同じような格好をしていてもなかなかお洒落に見えません。紺ジャケ&グレーパンツという同じようなスタイルのなかで、「誰が一番カッコよく着こなせてるか選手権」なんて、難易度高いですからね。

来春の展示会をまわっていると、多くのブランドがスーツもしくはセットアップスーツのスタイルを提案していました。伊勢丹の「ビーチスーツ」コレクションには、内外の錚々たるデザイナーズブランドが参加しています。9分丈から短パンまでののカジュアルなボトムズを組み合わせたセットアップのスーチングをトム・フォードからハバーサックまで、スタイルも素材も様々でした。

上はすべてユナイテッドアローズの展示会で展示されていたもの。ミリタリー風ジャケットとカーゴパンツのセットはkolorの新作です。デニムのノーカラージャケットとデニムスラックスのセットアップ、オーバーオールとカバーオールジャケットではなくテーラード風ジャケットのコンビネーションなど、「共地」ならなんでもスーツ!」的な軽いノリが良さそうです。

つまりは極めてカジュアルスーツ。上着とパンツの合わせを考える必要なし。お出かけ前の忙しい時間も短縮できるし、お洒落に見えるし。僕はこの春スーツでいく気満々です。


春のシアサッカー祭り

サッカーって蹴球のことじゃないから

たしかにトレンド的にはヴィンテージ生地ですが、盛夏には着ないですよね。って、これから冬本番なのにもう夏の話をしているのが、ファッション業界です。ホント頭おかしいよね。

各ブランドやショップが来年春の流行を予測する展示会めぐり、どこの会場にいっても目についたのが「シアサッカー」生地でした。そうです、あのちりめんみたいなシワシワのストライプ生地です。生地が薄手で表面が凸凹していて、しゃりしゃりしているので夏の汗ばんだ素肌にも、張り付かないので涼しいという。

かのブルックスブラザーズが、世界で初めて紳士のスーツに使ったのはコードレーンともシアサッカーとも言われています。今年はスーツ、ジャケット、パンツ、シャツ、ブルゾンまで、しかも畝も細かったり太かったり。こんなのもシアサッカーなの?ってのが、こちらです。

上はフレッドペリーのブルゾンです。真ん中はミハラヤスヒロのジャケット。畝が太いとシワシワのところがなんだかフリルみたいです。下はタグが見えていますがインコテックス。細畝もクラシックなスーツだけでなく、短パンスーツやら、色も白×ブルーだけでないバリエーションがあります。僕はクロゼットの奥から、昔買ったシアサッカーのジャケットをひっぱりだしてきて着ようと思います。持ってるよねー。


スーツ姿が完璧すぎてはいけない理由

肝心なのは抜きの心得

尊敬する大先輩のスタイリスト、森岡弘さんが以前仰っていた言葉で、とても心に残っているのが「考え抜いた8割のお洒落」というものです。

「完璧すぎるお洒落は、ときに場の空気にそぐわないうえ、周りの人にかえって引け目を感じさせてしまうもの。どこか抜けていたり、すこしぐらい足りないぐらいのお洒落感が、よい空気を生み出すこともあるのです」。

経営者や政治家、スポーツ選手などのパーソナルスタイリングもされている森岡さんのお話は、いつも腑に落ちることが多いのですが、なかでもこのお話は刺さりました。自分の服装がいつも完璧とは言いませんが、「このジャケットがこの色柄だったらな」とか「シャツのストライプの色がもう少し濃かったら」などと、足りないトコロを気にして、物欲ばかり旺盛だった自分に、「そのぐらいでちょうどいいんだよ」と安心させてくれたのが、この言葉でした。隙のないお洒落をして出かけた先で、仕事相手が「うわー、この人お洒落だなー。俺なんか、今日ぜんぜんかっこよくないわー」と思われたら、うまくいくものもいかないでしょうし。

コーディネートは算数のように、アイテムを足したり引いたり、テイストを掛けあわせたり、わざとハズシの意味で割ってみせたりします。つねに完璧な答えを出す必要はなくて、ときには「ちょっと失敗した?」ぐらいのほうが、好感もてたりするものです。ジャケットとシャツのトーンがあってなかったり、シャツの襟羽根が跳ねていたり、パンツが流行よりちょっと太くても、「そのぐらいでちょうどいいんだよ」と言われたら、自分も安心、周りも安心です。

新入社員なのにスーツに貫禄や上質を求めすぎて先輩や上司より偉そうに見られても困ります。立場によって、どんな服装が必要か、どんな服装で望むべきか、十分に考えて、ちょっと足りないぐらいにコーディネートするぐらいでちょうどいい。

ファッションって、ほんと難しいけど、そこが楽しいんだと思います。