40代にぶっ刺さるニット

テレビゲーム世代です

これ、若い人にはわかんないかもですけど1980年に登場したTVゲームの「パックマン」です。ちゃんとドットも入ってます。しかもジャカードで。超なつい! オープニングテーマが聞こえてくるぞー。

エディフィスの展示会で見つけたMONSIEUR LACENAIRE(ムッシュ・ラスネリとかムッシュ・ラスネールとか撥音します)のニット。デザイナーのギャランス・ブロカさん(女性)は、元エルメスのニットデザイナーで、独立後ニットブランドを立ち上げ、シーズンごと、ちょっとユニークなモチーフのニットを展開しています。以前もインベーダーとかあったし、もしかして日本ゲームマニア? オタク?

ブランド名のラスネール氏とは1945年のフランス映画『天井桟敷の人々』に出てくる詩人で犯罪者の伯爵ピエール・フランソワ・ラスネールの名前からとったものだそう。でも、なんで? 

じつは作中のヒロインの名がギャランスというんです。はい、デザイナーと同じ名前なんですね。そういうこと。

袖口とかにモンスターがいたり、どっかにパワーエサとかあったら速攻予約したなー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください