カテゴリー別アーカイブ: その他のアイテム

あったかいんだからぁ〜 ビジネス編

ビジネスマンの防寒対策

もっと早くに書いておくべきだったかもしれません。もうね、毎日寒くて外出するのがいやになります。毎朝出勤するビジネスマン、超リスペクトです。実際、この寒いなかスーツにコートに手袋にマフラーと、様々な防寒対策をされていると思います。「“首”とつくところを温める」とか「ロングホーズをはく」とか、アタリマエですけど、もうちょっと効果的なあったか対策をご紹介しましょう。

1 あったか下着は半袖を選ぶ

長袖の防寒下着は、外仕事の職人や余程の寒風吹きすさぶなかで仕事をしている人、もしくはウィンタースポーツ時だけにしておかないと。家を出て駅まではともかく、電車の中、オフィスについてから、長袖下着は暑くてかないません。下着だと簡単に脱げないので、トイレか更衣室までいかなきゃなんないし。防寒下着は半袖タイプならシャツ袖がゴワつくこともありませんし意外と快適です。ヒート●ックとか、ありますけど、あれ汗かくをなかなか乾かないので、個人的にはコレ↓を愛用しています。パッケージがハングルなのを除けば、吸汗速乾性もあって、かなり快適です。

2 ストッキングをはく

冬場の防寒対策で「ロングホーズをはく」なんてのはあたりまえですが、最近はメンズのタイツどころかストッキングもでています。これが、意外とあったかい! 昔スキー用のストッキングはいてたんですが、結構分厚くてウールのパンツがゴワゴワして不快でした。最近のメンズタイツ&ストッキングは、ゴワつき解消されてるものもあるのでオススメです。ただし、女性との緊急スクランブルの際には不向きかと。

3 インナーダウンベストをジャケットの中に着る

「ジャッカ・エ・ジレ(ジャケットの上からダウンベストを着る)」なんていう着方を去年はよく雑誌でご紹介してきましたが、今年はいわば「ジレ・エ・ジャッカ」。薄手のダウンベストをジャケットの中に着るのがおすすめです。羽毛を詰めた小袋を、シェルと呼ばれる表地のウェアに入れる方式ではなく、インジェクション方式と呼ばれるダウンの表地に直接羽毛を封入する技法を使うと、ダウンジャケットは薄手で軽く仕上がります。クラシコイタリア協会に属するヘルノ社のダウンがジャケットインするのに最適ですが、ユニ◯ロのインジェクションダウンも双璧と呼ばれています。ちょっと着丈が長めなので、小さめサイズ推奨。個人的には無印良品のダウンベストが着丈もサイジングもちょうどいいです。袖のないベスト型に限りますが、コイツをシャツ&タイの上から着て、上からジャケットを着るとかなり温か。会社がターミナル駅直結で、家から最寄り駅5分ぐらいなら、この着こなしでコートを着なくても十分あったかいです。

4 マフラーではなくスヌードにする

男子には馴染みが薄いですが、マフラーの両端がくっついて輪っかになってるタイプのマフラーをスヌードといいます。レディスではボリュームのあるニット素材のものが主流ですが、一重で首に掛けたり、二重、スヌードの長さによっては三重にして首に巻きます。これ、マフラーより断然いいのは肩からずり落ちないんです。さらに、マフラーなら首元にグルグル巻いてぎゅっと縛っちゃうと口元が閉じて息苦しい思いをしまいますが、スヌードを2重巻きにして首に掛けると、口周りに余裕がありながら冷たい風を防ぐ防波堤になって、息苦しくないのにあったかい! 僕は手持ちのマフラーを「メビウスの輪」状態に縫い合わせて使ってます。

5 ブーツをはく

足首って寒いですよね。ましてやいまどきのパンツは昔のようにワンクッションとかではなく、ジャスト丈もしくは短めにはくのが主流ですので、足首がスースーして寒いんです。膝までのロングホーズ(ハイソックス)をはくことで、短いソックスよりだいぶあったかいですが、短靴ではなく足首までのショートブーツを履くとけっこう温かいです。スーツにワークブーツはダメですよ。何年か前に、スーツに乗馬風のロングブーツをパンツぶっこみで履くスタイルを提案したメゾンがありましたが、あれはちょっと上級者向けですね。チャッカブーツやサイドゴアなど、クラシックなタイプなら誰でもはけるのでおすすめですよ。

P.S.今日、あったかいっすね


あったかいんだからぁ〜

誰にでも冬は必ずやって来ます

最近、ムートンブーツを買いまして。

女性がはいてると可愛いと思うんですが、男のムートンブーツってダサいなーと思ってたんです。足がバカデカく見えてブルーザブロディみたいだし、パンツをアウトしてはくのはなんか違うし、かといってインしてはくとなるとスウェットパンツかスキニーパンツと限定されるし、とにかく僕には無縁のものと思ってたんです。

温泉旅行に行くことになりまして、しかも旅館でなくてファミリー向けのリゾートホテル。しかも施設も周辺のアミューズメントも、遊ぶところがほとんど屋外しかないということがわかり、こりゃ服装をどうしようか?と悩むことに。ちょうど風邪気味でしたので、あったかくしていくためにはダウンとカシミヤのセーターと、パンツも防寒性のある裏起毛のやつで、とあれこれ悩んでさて靴となったときにレッドウィングのブーツじゃ心もとないな、と。で、ムートンブーツはどうだろうか、となり1日悩んでネットで購入しました。

有名なUGGではありません。さすがにUGGは、みんな履いてるしなんかね。で、よくよく調べていたら、「アグブーツ」というのは、ムートンブーツ発祥の地、オーストラリアではムートンブーツのことを指す言葉なんだそうです。UGGはアメリカのブランドですが生産は中国でされていまして、商品名をそのままブランド名にしてるわけです。

僕が購入したのはオーストラリアのCHIC EMPIREというブランド。最高級のムートンしか使わないという正真正銘のオーストラリアメイドで、たしかに郵送伝票の発送先はオーストラリアでした。ちなみに宅配便ではなく、郵便屋さんが持ってきました。

「4−8ビジネスデイで発送するよ−」って書いてありましたけど、実際は2週間ぐらいかかりました。途中2回ほど「どーなっ店の?」ってメールしたら、ちゃんと「いま作ってます!」「いまでしました!」って、蕎麦屋の電話みたいな反応でしたが、モノはちゃんと届きましたよ。ヒールパッチに「UGG」って入ってないけど、こちらはメタルプレートなので、ちょっとお高く見えます。でも値段はUGGの半分(約14,000円)でした。

で、早速旅行に履いていったわけです。結果から言うと、なにこれ、すごい。一度履いたら、もう手(足)離せなくなってしまいまして、仕事に行くにも履いて行きたい衝動がすごいです。後ろ髪惹かれる思いで、革靴履いて出かける始末です。

ただ、普通の細身のパンツは似合わないような気がします。僕は足が大きい方ではないのですが、それでも足がかなり大きくてバランスが悪いような。流行りの細身のリブ付きパンツならいいのかも、と、今更ながらにGTAのリブパン「ジョルジオ」を買うべきか思案中です。

 


手袋コーデ

「え、手袋ってコーディネートするものなの?」って言われたけど

以前も書いたと思うんですが、昨日と今日とあまりに寒いので手袋必須。そこで気付いたんですが、わりと皆さん手袋に無頓着というか、コーディネートしてないんだなって。まぁ、そもそも防寒第一ですから、軍手じゃなければなんでもいいやってことなんでしょうが、手って結構女性に見られるポイントですからね。靴と同じぐらい、気を使ってほしいものです。

靴と同じように、と申し上げたのは、手袋と靴はセットだからです。どちらも手足の先端を覆うものですので、素材感を統一するとすっきり見えます。たとえば靴が黒の表革のときは手袋も黒のスムースレザー、スエードの茶靴を履いたら手袋も茶のスエードといった具合です。つまり手持ちの靴の革種と同じだけ手袋は持っておかないといけないわけですね。

シューズクロゼットを覗くとあきらかに茶の表革の多い自分は、茶の表革の手袋をメインに使っています。黒のスエード靴のときは、黒のスエード手袋を持っていないので黒ニットの手袋をしています。でも黒の表革靴のときも、同じく黒ニットの手袋。黒の表革手袋を、片方どこかで落としてきちゃったので、せめて色合せだけはしておこう、と。ある意味「ハズし」ですかね。ただし、このときは必ずベルトは黒の表革にします。茶のスエード靴は持ってないので、茶のスエード手袋も持ってないなー。

手袋は大きくわけると2種類ありまして、指部分の縫い目が表に出ているものと、内側で縫われているものがあります。当然ながら、スーツなどビジネスで使うなら後者のシームが表立ってないタイプを。カジュアルのときは表にステッチが見えてるものでもいいと思います。といっても、これも「ハズし」なんて合わせ方もアリなので、スーツに表ステッチの手袋をするのも構わないと思います。そこは厳密に守る必要はなし。

もっというと黒靴に茶の手袋を合わせても構わないわけです。でも、知ってて合わせている人と、知らずに合わせている人では絶対に着こなしに差が出ます。そんなとこまで気にしないよっていう人も、誰か見ている人がいれば絶対に気づかれます。それがどう影響するかはわかりませんが、服装とはいえ男の「隙」は、必ずどこかでほころびます。

お洒落とか身嗜みって、この「知ってるか知らないか、見られてると意識してるかしてないか」で、必ず差がつく不思議なものです。人間関係もお洒落も、小さな「隙」がほころんでいくと、必ずいつか崩壊します。意図して作った「隙」ではなく、気づかないうちの「隙」がトラブルの元。なんでもないようなことが幸せだったと思えなくなっていくんです。


白靴下のススメ

こんな事言うと頭おかしいと思われるかもしれませんが、今年は絶対、白靴下だと思っています。

「男の靴下は黒または紺、たまにグレイ」。長いこと、そう信じていたのに、昨年あたりからカラフルソックスが増えてきました。パンツの丈が短くなって、チラ見えする靴下に色柄が許されるようになってきたんですね。ビジネスでもボーダー柄とかジャカード柄とか、いつの間にか柄ソックスが許される風潮になってきました。僕も、結構派手柄のソックス、履いてました。ちなみに一番気に入ってるのは、蛍光グリーンのラルフローレンの靴下ですが。

昨年、エディフィスの展示会とビジュアル提案で「白靴下」を見つけてから気になっていたのですが、細身のダークスーツに白靴下とか、黒のスリムなパンツに白靴下とか、なんか気になるんです。マイケル・ジャクソンみたいですけど、ちょっとナードな感じというか、パリっぽくはく白靴下。

色柄ソックスが賑やかな今だからこそ、一歩先行こうかな、と。でもリブのスポーツソックスはいただけません。ゲージの細かい、でも透けない、シルクみたいな上品白ソックス、いまから探してます。


バリスティックナイロンじゃないTUMI

シップスの創業40周年アニバーサリーモデルです

これレザーのTUMI。縁取りはいつものバリスティックナイロンですが、味出しが期待できそうな革ですな。

2015年は、4大セレクトショップの最老舗であり草分け的存在であるシップスのアニバーサリーイヤー。ほかにも、面白そうなものが目白押しです。そのへんは追ってまた。