舌の根も乾かぬうちに急変するトレンドキーワードって、どうなの?

スポンサーリンク




流行はあっというまに

春先、カラーパンツブームといわれて、赤や緑や黄色のパンツを買われた方もいるかと思います。この秋は柄ブームと言われて、タータンチェックや太幅のチョークストライプとか、柄目立ちするジャケットを予約されているかたもいるのでは。

でもですね、ひどい話ですが今秋はどうやら「地味色または黒」がトレンドの様子です。雑誌の企画で何度も「黒」がキーワードになる特集を執筆しましたので嘘じゃないです。

もちろんあくまでトレンドは「提案」なので、全部が全部、絶対流行するわけではないのですが、紺ジャケ代わりの黒ジャケをオススメしたり、黒いネクタイを推奨したり、黒系の無地もしくは柄パンを推すのは、やっぱりここ最近のカラフル傾向への反動なのでしょう。ファッション業界の先っちょのほうにいる人たちは、飽きるの早いですからね。

もちろん柄ジャケも柄パンも、迷彩柄も、タータンチェックもトレンドのひとつではあるので、着てたら恥ずかしいなんてことはありません。でも、さんざ色柄を推してきたのに手のひらを返すように「黒」とか言われると、「えーっ」って感じはしますよね。

なんか、最近ブログ記事が長くて、読みにくいかもと思ったので、今日は短めに終わります。「黒トレンド」は、またいずれ書くと思いますが、昔買ったトム・フォードのメタルボタンの黒いブレザーがまた着れるので、個人的にはちょっと嬉しいです。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です