真面目靴なのにじつはカモフラ

個人的にタッセルスリッポンって苦手でした

なんとなくオジサンくさくて。いや、年齢的にはおじさんなんですけど、タッセル=房飾りの意味もよくわからないし、いつどこではけばいいのかわからない靴といった感じで。スーツには無理だし、ジャケパンにもタッセルじゃなくてコインローファーでいいじゃんって。へんに真面目顔なところも、ちょっとね。

でも、これなら履いてもいいかなー。一瞬黒のスリッポンなんだけど、じつは黒のグラデーションがうっすらとカモフラ柄の上にかかっています。黒スプレーを吹きかけたようになっている控えめカモフラ。はっきりくっきりカモフラ柄のドレス靴は、“やっちゃった”感があって、なんとなく手(足?)を出しづらいのですが、これなら許せます。タッセルのオジサン感もカモフラなら許せるというか、真面目顔なのに心は不良というか。ビシッとスーツ着てるのに、脱いだら体中刺青入ってる、見たいな? ヤ◯ザかそれ?

木型もスマートでいいっすよ。ドゥカルズって、イタリア・マルケの真面目な靴メーカーなんです。先シーズンはスエードカモフラのスリッポンがあったはず。スムースレザーの控えめカモフラってとこがちょっといいなー。扱い店は未定ですが、春からアマンの直営店アスティーレハウスとかでやるのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください