お洒落になるための近道 その2

スポンサーリンク




いつも同じ店で買う

できるだけ早く、お洒落になりたいなら、服を買う店を1店に決めることです。

トータルで上から下まで揃えている店なら、セレクトショップでもブランド店でも構いません。どこの店がいいかは、自分が気に入った店でいいのです。なんとなく、こんな服装がしたいな、とか、この店かっこいいな、という店でいいんです。スーツならシャツやネクタイも扱っているところにしましょう。テーラーは上級者向けだし。シャツとか靴の専門店はダメですよ。トータルアイテムを扱う店で、トータルで上から下までコーディネートするんです。あとはサイズを徹底的に詰めていくことを忘れずに。

ただし、店員さん選びは慎重に。服だけでなく、靴や鞄も一緒にみてくれるスタッフがいる店がいいですね。トータルブランドの店か、セレクトショップをおすすめしますが、百貨店でも伊勢丹のように、フロアをまたいで買い物につきあってくれるスタッフのがいる店もあります。買い物をする際は、いつも決まったひとりの店員さんがつきっきりで見てくれるように、まとわりつきましょう。お店が忙しい週末ではなく、平日の会社帰りなどのほうがいいですね。担当してくれた店員さんから名刺をもらって、以後はその店員さん指名で買い物をしましょう。お店に行く前、買い物前には電話をいれて、買い物につきあってもらうんです。つまり店員さんを、パーソナルスタイリストにしてしまうのです。そうすれば「以前、こういう服を買われましたよね。だったらコレが合いますよ」とか「こんど、こんな服が入ってくるので似合うと思いますよ」といった情報がもらえま。

パーソナルスタイリストになってくれる店員さんの見つけ方は、「すいません、これ試着したいんですが」といって担当してくれた人がどこまでついてきてくれるかでわかります。試着を見てアドバイスをくれる店員さんなら大丈夫。逆に、試着のお直しだけ別のスタッフが担当したり、レジに預けていなくなってしまう人では意味がありません。それと「どこも直さなくてばっちりですね」という店員さんは、ちょっと疑ってみたほうがいいでしょう。あなたがよほどのモデル体型でなければ、ですが。

いつも同じ店、同じ店員さんなんて面白みがないと思いますか? あなたにお洒落のセンスがあるなら仰るとおり。でも、お洒落に自信がないのなら、ぜひひとつのショップと仲良くなってください。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です